お母さんが笑っていること以上に、子育てで大切(大変!?)なことはない。

お母さんが笑っていること以上に、子育てで大切なことはない。

もちろん、時には、怒ったり、怒鳴ったりするのですが…


テレビをつけると、若者の貧困について、特集していました。

そこで、ある若手女優の貧困経験について、インタビューを見たのですが、彼女は、明るく、ニコニコと雑草を摘んで食べていた話をしていました。

決して明るくない話題のはずなのに、その屈託のない笑顔のおかげで、重々しい空気にならずにすんでいました。

そんな彼女が溢れる涙を見せたのは、唯一、お母さんについての話をしていた時でした。

どんなにひどい貧しさで、みんなと違う自分を感じても、お母さんは常に明るかった、いつも笑顔だった、弱音を吐かなかった、貧しくてゴメンねと言わなかった、と言って目頭を押さえていました。

もちろん、生身の人間ですから、彼女のお母さんも自暴自棄な気持ちになったことだってあったかもしれません。誰かに、辛さを語っていたかもしれません。

それにしても、お母さんの笑顔のパワーを再認識しました。

何より、貧しくてゴメンね、とお母さんが言わなかった(少なくとも、彼女はそう思っている)ことが、私はスゴイなと思います。

私自身、ちょっとでも自信がなかったり、失敗したりしてしまったら、つい、あ…ゴメンね〜とか、いやぁ、できないんだよ〜などと、言い訳がましくなってしまいます。

責任を感じて、素直にそれを表現する、大人だって、キチンと子どもに謝る、というと聞こえはいいですが、この場合、謝る言葉の奥には、ダメな自分を恥じる気持ちがありそうです。つまり、本当は謝罪ではなく、卑下です。

テレビなり、本なり、一般に出されている事例は一部のものですし、貧困にもいろいろなケースがあるのは、わかっているつもりです。

また、今日の記事は、貧困そのものについてのものではありません。

雑草を摘んで食べるほどの貧困の中でも、お母さんの笑顔、安定は子どもの支えになるんだなぁということがテーマです。

そして、おそらく、そのことはお母さんなら、きっとわかっていると思います。

ところが、多くの方は、もちろん私も、そんなに心が図太くはありません。

常に笑顔で、などということは、お母さんにとって、大変なプレッシャーではないでしょうか?

わかっていても、やめようといくら決めても、怒鳴ってみたり、自己嫌悪に陥ってみたり、いろいろです。

今日こそは怒るまい、何があってもニコニコしていよう、と決めたのに、午後、学校から電話がかかってきて、ケンカの顛末を聞き、反射的にガツンと言ってしまっても、悲しむ必要はありません。

24時間365日、常に明るくを目指す必要なんてなく、お母さん自身が笑顔でいられるためにはどうすればいいか、ということを思い出した時に意識するだけでいいのです。

そのちょっとした積み重ねが、笑顔の時間を増やし、子どものやる気を起こすことにつながっています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に