どうも、しつこい子はトラブルになりやすい。では、どうするか。私なりのメッセージ。

友達とうまくやっていくのに、一番効果的なのは、拒否されることを認めること。


子ども達と過ごしてきて思うのは、トラブルになりやすい子は、しつこいということです。

やめてよ、と言われて、うん、とやめることはありません。

逆に、し続けます。

せめて、三回、やめてよと言われたら、やめなくてはいけませんね。

ところが、それができないから、友達ともめます。

そういう子どもを見ていて、思ったのは…

怒られることもある。
嫌だと言われることもある。
断られることもある。

そんな、当たり前のことが受け入れられないんだな…ということです。

周囲から見れば、それはワガママ、自分勝手ですが、本人にしてみれば、自分への攻撃に思えてしまうのですね。

あるいは、そんな自分は恥ずかしい、ダメだという感覚かもしれません。

怒られたり、嫌だと言われたり、断られたりしたら、ネガティヴな気持ちになります。

それが受け入れられない。
逆にいうと、それだけ、自分をわかってほしい、受け入れてほしいわけです。

そして、スゴイと言ってほしいので、どうしても言葉や態度が、自慢気であったり、他人を貶めるようであったりもします。

そういうことに、子どもは敏感なので、トラブルになるのです。

ということは、お子さんがネガティヴな気持ちになっている時、それを認めることが大切です。

家庭と違い、学校のような子どもの集団の場では、どんなに準備をしたって、ご機嫌取りを教えたって、否定されたり、バカにされたり、無視されたり(意図的な否かは別として)することもあるのです。

ということは、そこで、悲しい気持ちになるのは当然です。

私自身、今だって、否定されて、批判されて、悲しくなっているのです。

でも…

「そんなもの」

なのです!

もちろん、嫌です。
けど、仕方ない。

最近も、しつこく友達に絡んでは、嫌がられ、すると、余計に絡んでトラブルを大きくしている子と話しました。

「やめてと言われたら、やめなよ」
と言いましたが、それでやめるなら、トラブルになんて、なりません。

そのうち、別の大人に叱られて、
「や〜だよ〜」
と言っていました。

そこで、私は言いました。
「友達に嫌がられたり、先生に叱られたりしたら、嫌な気持ちになるでしょ。それは当然だよね。私だってそうなんだから。まず、ムカッときた言葉を何とか、ゴックンしてごらん」

すると、その子は、
「どうやってゴックンするの?」
と言いました。

「そりゃ、ゴックンだよ」
と、ハデにノドを鳴らして飲むマネをしました。

もちろん、そんな会話で、その子のしつこさが無くなる訳がありません。

が、単なる否定や指導よりは、コミュニケーションにはなりました。

これを積み重ねることが大切です。
手間がかかりますね。
しかも、相手がいることですから、時にはケンカにものります…

拒否られて、ディスられて、シカトされて…
それでも、その子には存在価値があるのです。
生きてりゃ、それは、否定されたり、批判されたり、気づかれない時があったりして、当然ですよね。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に