深イイ話で、お子さんの心に灯をつける秘訣とは…

深イイ話をお子さんにするヒント…

短く、
明るく、
横に座って。


昨日が始業式だったという学校が多いと思います。
私も担任していた頃、このスタートの第一声は、どんなものにしようか、アレコレ考えたものです。

で、考え過ぎて、結局、何が言いたかったんだ…!?
子どもに気を遣わせて30分が過ぎた、ということもありました。

この新しい学期を少しでもイイものにしたい。
この新しい一年で少しでも成長してほしい。

まぁ、それはいいでしょう。
が、肩に力が入ると、聞いている方にプレッシャーがかかり、なんだかしっくりいかないのです。

深イイ話で、子どもの心を打ち、関心をひいて、行動につなげたい!

とまで、意識せずに、シンプルに行きたいものです。
話は、

短くて
明るい

ものがいいですね。

そして、意外なヒントとしては、横に座って、ということです。

家庭で会話する時は、自然とそうなっていることも多いと思いますが、お母さんは先生ではありません。リビングを教室にして、親子の会話をホームルームや朝礼にしてはいけません。

私はお母さん方との個人面談も、子どもと話し合うときも、基本的には向かい合うのではなく、斜め横か、真横に座ります。

どうしても、正対すると、緊張感が高まります。
対立的になりやすくなります。

そして、座ることです。
やはり、目線の高さを揃えることは大切です。

それに、座るということは、体勢が安定します。
立っていると、すぐに他のことをしたり、他の場所に行きやすいのです。

座る、という安定した姿勢になることで、場も落ち着きます。

イタリアのバールでは、立ち飲みの方が安いことが多いです。サービスの手間もなく、席料が入っていません。

でも、奥に進んで座る、あるいはテラスで座ったなら、じっくり物思いにふけるのもよし、語り合うのもよしです。値段が高いのは当然です。

まぁ、イタリアのバールと一言で言っても、システムはいろいろで、私もドギマギしてバールで過ごしたことがありますが、まぁ、それはいいですね。

座るということは、結構、重要なメッセージになります。

子どもの心に灯をつける話…
子どもの心を癒す話…

力まず、自然体であることが大切なようです。

バールで思い出した、この写真…
伊勢丹メンズ館の8階にあるカフェリジークで頼んだ、レモングラスティー。

カフェリジークは、初め、わりと空いていて、穴場的カフェでしたが、バレてしまい、いい時間は、結構、並びます。

が、並ぶだけの価値はあります。
フードもおいしく、フレンチトーストなど、最高です。

催事で買い物をすると、ドリンクチケットをもらえるときがありますが、カフェリジークも対象です。(今までは…)

ここでのドリンク一杯は、いいお値段しますし、手間がかかっているので、そんな時もオススメです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に