成人式の夜に、「先生、ご馳走させてください!」ではなく、「先生!何か美味しいものを食べさせてください!」と言われて、再認識できたこと。


やっぱり、安心がしたいんだ…
じゃあ、どうすればいい?

もう大丈夫。
もう安心。

と、自分で決めて、時には不安になって、また決めること。


昨日は成人式だったという地域が多いと思います。
すると、毎年のようにテレビで取り上げられるのが、北九州や沖縄の「荒れた成人式」…

今年はどんな派手な衣装が見られるかな…
という気持ちでつい、ワイドショーを見てしまうのは、不謹慎かもしれません。

さて、今年の成人式は、卒業生の何人かと食事に行きました。

彼らから、
「無事に成人式を迎えられました。お礼にご馳走させてください!」
と言われたのではなく、
「先生、何か美味いものを食べさせてください!」
と言われ、私、お気に入りの下北沢にあるビストロに行ってきました。

そこは、ディアログというお店で、本当に丁寧な料理が魅力で、食材の良さをキチンと引き出して、クセの無いナチュラルな味わいに感激し、折に触れて(と言っても、まだ三回ですが…)、伺っているのです。

さて、それはさておき、成人式を終えた彼らと話していて、
「今、何が欲しい?」
という話題になりました。

そこで、ある女の子が、しばらく考えて、考えて、考えて、
「うーん…安心…」
と答えました。

あ〜やっぱり、安心なんだ…
と思いました。
「もう、これで将来、ずっと大丈夫、という安心が欲しい!」
と言っていました。

確かにわかります。
あ〜共感できる、という方も多いでしょう。

一方で、そんな未来永劫、続く安心なんてあり得ないし、若いんだから、どんどんチャレンジしなきゃ!という気持ちになった方もいらっしゃるでしょう。

とはいえ、ここでもっともらしいお説教をしても、面白くありません。

じゃ、何があれば、安心できるの?
と、聞いてみました。

「うーん…何、じゃない。漠然と…」
と答えてくれました。

この「漠然と…」というところに、私は大いに共感できます。

私も、常日頃、不安を感じています。
最近は、ずいぶんと減りましたが、少し前まで、不安に思っていないと恥ずかしい、ぐらいの気持ちでいたと思います。

その時、その時、不安な内容はあるのです。
が、過ぎてしまえば、
「まぁ、大丈夫だったね」
ということなのです。

なのに、いつも不安を感じていて、絶対の安心が欲しい…

要は、「漠然とした」不安なのです。
何をやったから無くなる、何が手に入ったらもう大丈夫、そんな話ではないのですね。

だとしたら、
「もう、私は大丈夫」
と、決めてしまうしかないのです。

だって、いつまでも終わらないんですから、もう終わるのも自由なのです。

ところが、生身の人間は、そう簡単に不安を捨て去ることなんてできません。

いくら覚悟しても、また不安を感じてしまいます。
もう、それも仕方ない。
だから、また、
「あ…そうだった…大丈夫だった〜」
と、決め直すしかないのですね。
彼女にこの話をしても、
「はい。わかりました。もう今から大丈夫、という安心感を得ました」
とはならないでしょう。

まして、子どもは尚更です。
何かあるたびに、不安感を持つことでしょう。

だから、身近な大人は、大丈夫、大丈夫と呪文を唱えることが大切です。

不安やダメさ加減を知らしめることもいいですが、大丈夫さ加減を知らしめることの方が大切なのです。
昨日の食事は、私にとって、大切なことを思い起こさせてくれる、きっかけになりました。
何より、大切な成人式という日に、声をかけてくれた、ということに感謝の気持ちがいっぱいになった夜でした。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に