吉祥寺の餃子の名店「みんみん」で、価値観の相違問題に思いをいたして欲しい…

吉祥寺の餃子の名店、みんみんで気付いた、「当たり前」の恐ろしさ。
自分にとっての当たり前は、他人にとってそうとは限らない。
それこそ、当たり前だけど、近しい人こそ、意識しないと、価値観を押し付けて苦しめてしまう。
もちろん、親子だって…
吉祥寺の餃子の名店、みんみんをご存知の方も多いと思います。
私は、たまに無性に行きたくなるのです。
以前は、あさりチャーハンと餃子で千円ぴったりで、ちょうどよかったのですが、値上げにもなった上に、何より、そんなに食べられなくなってしまいました。
そこで、最近は妻と二人で出かけて、餃子は二人で半分ずついただくことにしています。これだと、気持ちよく(ちょっとお腹いっぱい過ぎな感じではありますが…)、お店を出られるのです。
さて、昨日は、久しぶりに、その名店に出かけたわけですが、私はお決まりのあさりチャーハンで決定。妻は、中華そばとしょう油ラーメンで迷っていました。
その値段の差は20円。
内容の差は、もやし炒めの有無なんでしょうか…スープまで違うのかは、よくわかりませんが、見た目でハッキリわかるのは、もやし炒めの有無なのです。
20円の差とは思えない、見た目の違いです。
私なら、迷わず、しょう油ラーメンにします。
が、妻はそう簡単ではありませんでした。
しばらく悩んだ末、結局は、塩ラーメンになったのですが、迷っている姿を見て、当たり前だけど、当たり前って、人によって違うよなぁ、と思ってしまいました。
「普通、こうでしょ」
この、「普通」がクセものです。
普通、20円の差なら、しょう油ラーメンでしょ…
普通、初めて会ったら、挨拶するでしょ…
普通、何かもらったら、お礼を言うでしょ…
挨拶やお礼は、当たり前のレベルが違うかもしれませんが、それでも、自分にとって、「普通」、「当たり前」ということこそ、時々、相手にもそうかな…と思い返してみると、相手へのプレッシャーを減らすことになります。
これは、私が、当たり前に思っていることを、相手に合わせたり、修正したりして欲しい、という意味ではありません。
あくまで、相手には、相手の「当たり前」、「普通」があるんだなぁ、と受け止めて欲しいだけなのです。
普通、こういう日は宿題をやらないでしょ…
「は?そんな普通、あるか!」
確かにそうです。
が、その子は、いつの間に、そんな「普通」を手に入れたのでしょう?
怒鳴りつつも、考えてみると、新しい発見があると思います。
私は、学校で、たくさんの子どもたちと過ごし、お母さん方と向き合い、最近は広報として、入学を考えてくださる方や、いろいろな業者の方、他の私立小学校の先生方と接して来ました。
いやぁ、いろいろな「普通」、「当たり前」があって、今では楽しくて仕方ありません。
逆に、私の「普通」、「当たり前」が誰かの目には、相当、おかしいものと映ったとも思います。誰か、どころか、ほとんどの人、でしょうか…
ぜひ、吉祥寺にいらしたら、みんみんで餃子を食べてみることをオススメします。
そうすれば、
「あ…これが青木のお気に入りの味か…その当たり前の感覚だけは、理解できるな…」
と、思っていただけるのではないかと思います。
(もちろん、違う評価の方がいるのも、当たり前です)
そして、食べた後には、お子さんとの「普通」、「当たり前」のズレについて、考えてみると、何かが変わる!
かもしれません。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に