コッソリ教える、子どもの心を落ち着かせる秘訣とは…

波だった子どもの心を落ち着かせる秘訣…

それは、
「書く」
こと。


ケンカしたり、何かが上手くできなかったり、いろいろなことで、子どもの心は揺らぎます。

本人がもちろん辛いけど、お母さんだって、同じように辛い。

あ〜早く何とかしてあげたい!

けど、どうしていいかわからない…
話を聞いてはみたけれど、何を言ってるのかサッパリわからない!(特に男の子…)
話を聞いているうちに、妙に腹が立ってくる!(どういうわけか、女の子に多い)

結局、イライラして、ケンカになって終わる。
そして、自己嫌悪…

ならば、会話を紙に書いてみませんか?

紙に書くことのメリットは、2つあります。

まず、整理されることです。

「ふざけるな!あんなやつ、死んでしまえばいい!」
など、その言葉だけは、言わないで、という言葉が飛び出してきても、まずは受け止める。

それを文字にして、目で本人が見られるようにすることで、自分の出した言葉が何なのか、振り返りやすくなります。

確かに、「死ね」という言葉を大っぴらに使っていいとは思いません。

が、それを伝えるのは、後にしましょう。
まずは、お子さんが落ち着くことが第一です。
(まぁ、日本死ね、とあれだけメディアで騒がれていて、子どもが軽く死ねと言わない訳がないのですが…)

そして、もしかしたら、こちらの方が大事かもしれません。

2つ目は、書いてもらうことで、子どもが大切にさらた、自分の言葉を受け止めてもらえた、と感じてくれることです。

正確には、言葉ではなく、気持ちです。
他人は変えられないし、簡単に壁は越えられないけれど、まず、自分の気持ちは受け止めてもらえた、ということには、とてつもなく、大きな価値があります。

少し話がずれるかもしれませんが、授業の鉄則として、子どもの発言は、黒板に書いてあげる、というものがあります。

教師の求めていたものだけを書くのではなく、どんなに的外れに思えても、せっかく発言したことを「書いてもらえた」ということで、無言のうちに、認められたんだ、と感じることができます。

何かと大忙しのお母さんですから、そんなに毎日、会話を書く必要なんてありません。

あ…今日は、ちょっと大きいぞ。

と思った時だけにしましょう。
家庭が、毎日、授業になったら、疲れます。
一言一句、書き漏らすまいともしなくて構いません。

キーワードだけ、ちょっと書くだけでいいのです。

ぜひ、試してみてください。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に