去年の秋、ある子が私に教えてくれました。本当に必要なのは、たった一つのことだったんだ…

本当に必要なのは、たった一つの感覚。

「好き」


先日、初売りで、買わなくてもいいセーターを買ってしまい、そのことから、本当に欲しいものはセーターなど、「モノ」ではなく、

・こんなお買い得商品を買えて、
「スゴい」

・もう、これで何かがあっても、
「大丈夫」

という、存在価値と安心感なんだ、ということを書きました。(こちら

そのことを考えていたら、二つどころか、たった一つの言葉でいいんじゃないか、と思い至りました。

その言葉は、
「好き」
です。

この言葉は、
・スゴい、存在価値がある、素晴らしい
ということがベースになっていますし、
・好かれている、一人ではない、関心を持ってくれる人がいる
という安心感を含んでいます。

なるほど…
「好き」か…

やっぱり、誰にでも(!?)、好きと言われたら嬉しいなと思います。

いやいや…あの人には好かれたくない…

そういうこともあるでしょう。
ストーカーになられても困りますし。

ということは、自分も、「好き」であることが大切ですね。

好きなヒトと過ごし、
好きなモノに囲まれて、
好きなコトをして、
好きなトコロにいる。

なんて、素晴らしいんだろう、と思います。

〜そんなことは、できませんよ。
会社や学校には、顔も見たくないアイツがいて、本当は欲しくもないけど、買うしかない安物しか手に入れられなくて、絶対にやりたくなかっためんどくさいことばかりやらされて、仕事や学校を考えると、ここにいるしかなくて〜

全てが当てはまらないとしても、一つや二つのイヤなことは、もちろん、私にもあります。

ところが、自分が好きなヒト、モノ、コト、トコロの方を意識するようにしただけで、ずいぶん、心が軽くなりました。

どうせイヤなことをゼロになんてできないのです。
イヤなことは、いろいろあるけれど、好きなことだっていろいろあるのです。

この手の話は、よく言われていることです。
そんな風に思えれば、苦労はありませんし、なんだか胡散臭い…

ところが、去年のある秋の日、突然、私の前に、ある子どもが現れて、何の前触れもなく、私のことを好きだ、頼りにしている、ということを言ってくれたことがありました。

私は、その日以来、なんて毎日はステキなんだろう、と感じて過ごせるようになりました。

もっとあれがしたい、これが欲しいという煩悩は相変わらず、山ほどありますが、一人の人間に、そう言ってもらえたことは、私にとって、とてつもない価値がありました。

これからも、私は煩悩を大切に、自分の煩悩に正直に生きていきます。

が、なんだ…大切なものは、こんなに身近に、しかも、もうあったんだ…と思えたことで、悲壮感がなくなったと思います。

無いものは無いし、できないことはできませんが、あるものはあるし、できることはできるのです。

「好き」

という感覚だけを頼りにした方が、心は軽く過ごせるようです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に