初売りで、また買わなくていいものを買ってしまったことで気づいた、本当に心が穏やかになる二つのこと。


本当に欲しいのは、求めているのは、たった二つだけ。

「スゴい」
「大丈夫」

だったら、お母さん!
あなたは、もう十分にスゴいし、もう大丈夫。


1月2日は、多くのお店で初売りです。
私にとっては、前日からウキウキ、ワクワクのお正月、最大の楽しみの日です。

が、今年はそんなにワクワクもせず、仕方ないなぁ〜妻に付き合うか〜という程度の気持ちで、よっこらしょと家を出てきました。

いつもなら新宿に繰り出すにもかかわらず、今年は吉祥寺止まり。その辺りにも、やる気の少なさがうかがえます。

ところが、ちゃんと一枚、セーターを買って、お店を出てきていました…

年末には、会員向けプレセールということで、カーディガンを一枚買っていたのに…

秋にはドライブがてら、アウトレットに行き、スーツも買ったのに…

ああでもないと、理屈をつけては、無いなら無いで、何とかなるモノを買っているのですね。

レディースは試着まで、とてつもない時間がかかるので、待っている間にスタバで、ブログでも書こうと座ったところで、考えました。

本当は、何が欲しいんだろう…

いつも同じ服だ、とバカにされたくないとしても、洋服なんて、気にも止めていない人だって多いのです。

セールの魅力…
それは、お得感、掘り出し物を見つけてゲットするという達成感です。

太古、森の中で狩猟していた時代のDNAが呼び覚まされる感覚…

そうか!
何のことはない。

「スゴいね。よくいいものを見つけたね。ゲットできたね」

という自分のスゴさを感じたいのですね。
だって、そのもの自体が欲しいなら、割引云々にかかわらず、前もって手に入れておくべきなのです。

むしろ、前もって買っておく必要がないものは、無くてもいいものなのです。

そして、さらに考えてみると、もう無くても構わなくても、買っておくと、安心なのです。

12月にプレセールで買ったカーディガンにコーヒーをこぼしたらどうしよう…買っておかなきゃ…

クリーニングに出している間、他に着るべき服はあるのです。

選択肢を残しておくと、安心できるのです。

「あ〜よかった。大丈夫だ〜」

という安心感が欲しいのです。

これは、セールに限りません。
もしかすると、資格好きの方もそうかな、と思います。
ある種の国家資格は、その資格がないと取り組むことが許されませんが、資格なんて無くても、やることが許されているコトって、たくさんあります。

例えば、私も取り組んでいるコーチングなど、その典型です。

無資格じゃ不安なので、民間組織が、独自に資格として認定しているだけなのです。

民間の独自の認定システムに意味がないわけでありません。

本当に自分が求めているのは、
「スゴい!」
「大丈夫!」
この二言だ、と自覚して認定システムを利用することが大切なのです。

これは、学歴についても、同じことが言えると思います。そうならば、大事なことは、その学校の取り組みではなく、その学校のランク付けということになっていくでしょう。

私は、学校に限らず、ランク付けには、それなりの意味があると考えています。

が、自分のスゴくない部分を埋め、大丈夫じゃない部分を埋めるために何かを盛ることに違和感を感じています。

私自身、自分のスゴさ(存在価値)を高め、大丈夫(安心感)を増やすために、あれをしよう、これもしようとやってきました。

今でもやっています。
現に、必要のないセーターを一枚、買ったばかりです。
きっと、中旬には、行かなきゃいいのに、伊勢丹にも行くでしょう。

そんな私だからこそ、説得力があると思っていただけるのか、ないと思われるのか、わかりませんが、何をやろうとし何を買おうと、あるいは、何に失敗しても、

私は十分にスゴいし、
私は十分に大丈夫。

という意識を持っておこうと思います。
今年も、スゴくて、大丈夫な一年になりそうです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に