お子さんが(あなたが、わたしが)、何かできないことで、誰かの役に立っている。なんだ…悩まなくていいのか。

子どもが何かできなかったり、わからなかったりするのは、大人のため。

子どもにできないことや、わからないことがあるおかげで、大人ができることがある。


先日、ある子にこんなことを言われました。

「先生に、この漢字、読ませてあげるね。」

図書室で手持ち無沙汰にしていた彼に、私が絵本でも読めば?と伝えたところ、彼は、ちょっと難しい本を選んで来て、読めない漢字があったら、先生に読ませてあげる、という文脈で、こう言ったのでした。

もちろん、冗談で言ったのです。
お互いに笑った後、これは、意外と深い言葉だなぁ…と思いました。

子どもに何度教えても、これができない、あんなミスを繰り返す…
もちろん、イライラもします。

でも、子どもが生まれながらに、できることだらけなら、大人はきっと寂しくて、つまらないでしょう。

もちろん、程度によりますよね。
それも、当然です。
が、彼の一言は、私が、

「子どもに何か教えたり、できるようにさせたりしたつもりになって、いい気になってないか?」

と、自問する機会になりました。

子どもに限らず、私自身も、大人も、何かができないことやわからないことは、誰かの役に立っているというこもなのかもしれません。

今日は大晦日です。
この一年は、どんな年でしたか?

もしかしたら、思い出したくもないことがあったかもしれません。

が、私たちは、みんなお互いに必要としあっていて、どんな恥ずかしいことも、辛いことも、何かの役には立っているのだと思います。

今年もこのブログを読んでくださり、本当にありがとうございました。

来年も、心を込めて、明るい気持ちで、ブログを書いていきますので、ぜひ読んでくださったら、嬉しいです。

また、お知り合いに、
「こんなブログがあるよ」
などと、ご紹介してくださったら、嬉しいです。

来年も、いい一年になりますね。
ありがとうございました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に