一貫性は大事だけれど、決めつけは、もったいない。

当たり前のことだけど、念のために確認します。
好きなことって、変わってもいい。

私はこれが好き、私はこういう人と決めつけていませんか?

お子さんにとって、その一貫性が苦しさの素になっているかもしれません。


夏休み、卒業生が遊びにきました。
中学生の彼女は、相変わらず元気で、お気に入りのタレントについて、熱く語ってくれました。

なぜか急にそれを思い出して、この記事を書いているのですが、きっと彼女が気に入っているタレントは、これから変わっていくのでしょう。

今度、遊びに来たら、ぜひ聞いてみたいと思います。

好きなもの、好きな人、好きなことは、その人らしさを表す、大切なアイデンティティでもあります。

それだけに、好みが変わることに抵抗感がある場合もあるな、と思います。

一貫性がある、というのは、やはり大切なことですし、なんとなく信頼感が持てそうな気がします。何より自分自身がラクです。

けれど、万物は流転する、ですね。
好みって、必ず変わるのですね。

お子さんが課題にしていることの中に、変化への抵抗感が潜んでいる場合があります。

一番、わかりやすいのは、好きな友達が変わる局面です。

今まで、なんの疑問もイライラも感じていなかった友達のことが、どうも違和感を感じる。

それは、仕方のないこと。
エビの脱皮みたいなものです。

小学生、特に低学年までのお母さんにとっては、お子さんの友達関係が変わること、好みが変わることは、お母さん同士の付き合いに影響があり、本音では迷惑であることも多いと思います。

それはそうですよね。
ちょっと面倒ですよね。

まぁ、仕方ないのです。
まさに脱皮なのです。
お母さんの好みや都合から、ちょっとずつ離れていくのです。

お母さんは、あの子のお母さんと仲良しで、お子さんは、あの子から離れて、別の子と仲良しで、何か問題がありますか?

お母さんとしてはあります。
でも、仕方がない…

好みが変わるって、当たり前のことだけど、いろいろな面でハードルの高いことでもあります。

変わることは、当たり前。
そう大人が思っておいてあげたいものです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に