結局、何でも大丈夫

結局、何でも大丈夫。


何年か前のことです。
職場の先輩と印刷室でおしゃべりをしていました。

クラスで起きること、課題のある子とどう関わるかということ、お母さん達の心配をどう受け止めていくかということ、いろいろ話して、楽しかったり、スッキリしたり、学んだりしたのですが、最後の言葉は、こうでした。

「まぁ、結局、何でも大丈夫なんだけどね」

ピキーンという音がしたような気がしました。
そうなんです。結局は、何でも大丈夫なんですね。

もちろん、そうは思えない、という方も多いでしょう。

あの時、インフルエンザに罹っていなければ、あの学校に受かってたはず…

あの時、先生があの子を叱ってくれれば、こんなに悩まなかったはず…

あの時…

確かにその通りです。
確かにそうなんでしょう。

ところが、その時、その想像通りになる保証はないのです。もっとヒドく感じてしまうことにもなったかもしれません。

インフルエンザに罹っていなくて、思い通りの学校に受かっていて、満足して進学したのに、環境に馴染めず苦労していた可能性が、なぜ無いと言えるのでしょうか。

あの時、インフルエンザに罹っていなければな、と残念に思うのは人間だから当たり前だと私は思います。

私自身、あの時ああしていれば、と思うこともたくさんあります。

こんな話を子ども達としていた時、ある子に、こんなことを言われたのです。

「先生、結局、今、こうして僕たちと一緒にいるんだし、いいよね」

そうなんです。
結局、何でも大丈夫なんです。

「そんな風に悟ったりできません!」

それも当然だと思います。
しつこいようですが、私自身、ああすればよかった、こうすればよかったんじゃないか、そんなことしなければよかった、と後悔する人間なのです。

でも、結局、これでよかったと思えるようになってきました。

それは、子どもと関わる立場としては、大切なのではないかと感じます。

常に自分や他人について、後悔している人と過ごすより、毎日を明るく受け止めている人と過ごす方が、子どもの将来には、いいのではないかと思います。

今日はクリスマス。
世界で初めのクリスマスは、派手な電飾も飾りもなく、静かで、質素なものだったのではないでしょうか。

日曜日に重なったクリスマス。
私は、こんなことを静かに考えて、毎日に感謝して、過ごしています。
(吉祥寺や新宿のお店で見かけたら、人違いです…)

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に