悔しくてイライラしたなら、むしろ喜ぶべき時だ。

悔しくてイライラしたということは、もうできる、叶う、近いということ。

だから、そんな時は、喜べる。


昨日のブログでは、イトーヨーカドーの駐車場で、一番、エレベーターに近いところに停められず、わずか32歩、損をしたことを書きました。(こちら)

それを書きながら、一つ思いだしたことがあり、今日は記事にしました。

四ッ谷駅で、地下鉄丸ノ内線に乗り換えた時の話です。
中央線方面から銀座に向かう時は、四ッ谷で丸ノ内線に乗り換えるのが便利です。

という訳で、四ッ谷駅で中央線を降り、一番、新宿寄りの階段を登って改札を出たところで、丸ノ内線の発車ブザーが聞こえました。

慌てて走ってみたものの、目の前でドアはピシャリ…

この悔しさと言ったら、イトーヨーカドーの32歩よりも強かった…

しかし、ご存知の方も多いでしょうが、丸ノ内線は、3分や4分に一本の割合で電車が来るのです。新宿から東側は本数がとても多く、時刻表に合わせて動く必要なんてないのです。

しかも、別に待ち合わせの時間に遅れていたわけでもありませんでした。

一方私の勤めている学校は、都下とはいえ、そんなに田舎というほどでもありません。

が、最寄駅は西武多摩川線という、廃線も噂されたようなローカル線の駅です。

電車は12分に一本。
今の時期など、目の前で電車が行ってしまうと、ホームで寒さに震えることになります。

けれど、西武多摩川線が一本行ってしまっても、丸ノ内線ほど悔しくはないのです。

寒さに震え、暑さに辟易したとしても、丸ノ内線の方が悔しい…

それは、西武多摩川線の本数の少なさは、もうわかっているからです。諦めているのです。

が、丸ノ内線は3分や4分ぐらい、何とかできたかもしれない…と思えてしまうのです。

だから悔しい…

つまり、惜しいから悔しいのです。
可能性を感じているから悔しい。
あと少しで、できたはずと思えるから悔しい。

だとすると、お子さんについて、悔しく思うなら、できる可能性を感じるからであり、惜しいからですね。

可能性を感じないことに悔しさは感じない。
悔しいなら、惜しいところまで来ています。

あと少しだね!

喜ぶ時なのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に