お母さん!「ウチの子はこういう子」と決めつけて損をしていませんか?

思い込みってもったいない。

こうに決まってる…

そう決めつけて、思い込んで、損していませんか?


先日、板橋の方にある幼稚園でお話するため、車を走らせました。

お約束の時間は午前中。
当然、渋滞します。
なんとか間に合って、ホッとしましたが、本当にヒヤヒヤしました。

私にとって、板橋というところは、ほとんど縁のない土地です。

が、途中の道のりは、大学時代に何度も通ったものなのです。

新青梅街道、千川通り、環八…

中でも、環八は渋滞の代名詞。
もう、うんざりした思い出ばかりでしたから、ナビを無視し、当時の経験を頼りに、千川通りをメインルートに選びました。

さて、いざ帰り道。
帰りは余裕がありますから、ナビに任せて、国道と環八で帰ります。

すると、ガラガラなのです!
もちろん、対向車線もです。

行きから時間が経ったというのも大きいですが、要所要所、工事が終わっていて、渋滞対策がされているのですね。

思い込みって、怖いな、と思わされました。

他にも、スタバは、いつも混んでいる。座れないだろう…

それが前提になっているようで、私がソファに座ってブログを書いていると、斜め前の影になったテーブル席が空いているのに、チラッとこちらを見ただけで、
「ほら、やっぱり〜」
というイライラをまとって、やけに早足で去ってしまうことも多いのです。

私のよく行く、吉祥寺のキラリナというビルにあるスタバは、お客さんも多く、確かに満席であることが多いですが、席数も多いので、ちょっとタイミングをずらすと、座れることもかなりあります。

結局は、吉祥寺で一番、座りやすいスタバだと思います。

でも、よく確かめもしない。

こういう思い込みは、子育ての場でも、損を招くのではないでしょうか。

「ウチの子、これは苦手だから」

ホントですか?
私は、何度も、
「そうですか?私の目には、そう見えませんがね」
と、お母さんに話したことがあります。

でも、
「いやいや、そうなんですよ。私、わかってますから」
と、言われてしまうことがあります。

もったいないですね。

どうせ思い込むなら、
「ウチの子は、素晴らしいに決まってる」
と、決めつけて欲しいものです。

損な思い込みって、実は「どうせ星人」の特徴でもあります。

「どうせ環八は混んでいる」
「どうせスタバは座れない」
「どうせウチの子はこれができない」

あなたの言葉に「どうせ」が付いたら、要注意。
もったいないですよ。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に