正論も大事だけど、正しさは人を傷つける。

紅茶好きは、人を傷つける!?

紅茶と言えば、セイロン(私の勝手なイメージです)
セイロンと言えば、正論。

正しいことは、素晴らしいけれど、人を傷つける。


スタバに行きまくっている私…
コーヒー党になってしまい、紅茶好きを責めるために、この記事を書いた訳ではありません。

いや、紅茶が好きだろうと、コーヒーが好きだろうと、玉露だろうと、何でも構いません。

紅茶と言えば、セイロン(私の勝手なイメージです)
セイロンと言えば、正論。

正しいことは、とても素晴らしいけれど、ナイフのように傷つけるかもしれません。

高校生ぐらいの頃は、先生のマジメな正論にうんざりしていた私。

そりゃそうなんだよ。
それができないんでしょ…
うまく気持ちを整理できないんですが…

先生に限らず、あなたも友達に困りごとを相談し、正論が返ってきて、
「あ…やっぱり、この人に言うんじゃなかった…」
と思ったことがあるかもしれません。

むしろ、ハッキリしている方など、どの人に何をいうと、どんな答えが返ってくるから、そんな心配はない、とおっしゃるでしょう。

にもかかわらず、当の本人は、気がつかないうちに、正論を人にぶつけているかもしれません。

特に、

教えて、
育てて、
力をつけて、
弱いところを解決させたい

お子さんを相手にすると、「それが大人の責任」という、文句のつけられない錦の御旗を掲げていることもあります。

私は、この話を高校生ぐらいの時に友達としていた記憶があります。

その時は、スリランカってつまらない、と言っていたのですが、確か大学生の時だったか、勤めてすぐの頃だったか、正論ばかり言う人に向かって、
「この紅茶野郎!」
と怒鳴る話を読んで、とても共感しました。

そんな私も、今だって、
「この紅茶先生!」
と、罵られているかもしれません。

それを恥じたり、恐れたりする必要はないのです。
あくまで、私という個人が、心の底から大切だ、と思ったことなら、何を言われてもオーケーです。

でも、世間で言われている通り一遍のことを鹿爪らしく、人に求めると、それは、「紅茶先生」なのだと、私は考えています。

あなたは、セイロン好きの「紅茶お母さん」ですか?

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に