この悪魔の言葉が口から出たら…頭に浮かんだだけでも!要注意。

この言葉が頭に浮かんだら要注意、という悪魔の言葉…

「〜はず」

こちらの思いや都合を押し付けていませんか?



突然ですが、台所のシンクに置いておいたハンドソープが切れてしまいました。

そこで駅の近くにあるドラッグストアに行ってみたところ、取り扱いがありませんでした。

ならば、と帰宅しネットで調べたところ、ありました!

ところが、そこで面白いものを見つけてしまいました…
手をかざすと、電動で一回分が出てくるタイプです。

なんだか病院のアルコールみたいでカッコいいなと思い、注文ボタンをポチッと押していました。

さて、届いた商品には大満足でいいのですが、電動で洗剤を出すために、電池が入っています。そこをカバーで覆うのですが、蓋をしながら、

「大丈夫かな…」

と思いました。
そして、次の瞬間、

「手洗い石けんなんだから、使うのは水回り。水の対策は、されてるはず」

と思ったのでした。
そこで、「はず」と決めつけた自分に気づき、もう一度、電池カバーの様子をチェックし、自分の都合で思い込みをしてしまう怖さを感じました。

「はず」
という言葉は、教室でもよく、聞きます。

ケンカになった時など、泣きながら、
「ぼくがこれを嫌いなのを知ってたはずだよ」
と言ったり…

面談の際などは、
「私の子ですから、理系は大丈夫なはずなんですが…」
とお母さんやお父さんから伺ったりします。

私だって、子どもに対して、
「キミならできるはずだよ」
と言うこともあります。

もちろん、励ます言葉ではあるのですが、話し手の思いが強すぎれば、ただの押し付け、誘導です。言われた方は、うれしさよりも、コントロールされている感覚を強く持つでしょう。

「お母さん(お父さん、先生)は、そう言うけれど、ホントのボク(ワタシ)は違うんだよな…」

その積み重ねは、お子さんにとっては大きなプレッシャーになります。

「はず」
の言葉が口から出ただけでなく、頭に思い浮かんだ時には、こちらの都合や思い込みを押し付けていないか、振り返る機会にしたいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に