お子さんに、手がかからなくなったとしても、お母さんには、他に代えられない価値がある。


あ〜こんなにイヤなことなのに、無いと寂しい…

先月、ドラッグストアでミネラルウォーターの安売りがあり、大量に買ってきました。

その数、10ケース。
駐車場から部屋に運び上げるだけでも一苦労でした。

もう、それでイヤになってしまい、玄関にバリケードのように積まれた水の山。

誰か押し入ってきた時は、これで足止めをして戦おう!と決めて、しばらく備えることにしました。

しかし、ありがたいことに、不審者は現れず、バリケードを撤去する覚悟をしました。

なぜなら、下水の高圧洗浄をする業者さんが来ることになったからです…

さて、業者さんがいらっしゃる数時間前にバリケードが撤去された玄関を見て、あ〜スッキリ〜とは思いませんでした。

何だか、あるべきものがない寂しさ…
いちいち、家に上がるのに狭いところを通っていた不便さなんかよりも、靴を履くときにちょっと物を置けた便利さがなくなったつまらなさ…

ハッキリ言って、水のバリケードなど、買い物をしてきた日に片付けておくべきなのでしょう。

やらなきゃ、やらなきゃと、言いつつ、先延ばしにして、そんな自分にちょっと嫌気がさしていたというのに、一念発起(大げさですが…)して、スッキリさせたら、妙に寂しいのです。

お母さん!
もしかしたら、お子さんのことで、悩んでいたり、困っていたりすることが無くなってしまったら、解決してしまったら、寂しいかもしれませんよ。

それでもいいですか?
困っていることを解決して、課題が無くなってしまってもいいですか?

手のかかる子ほどカワイイと言います。
私たち教師にとっても、そういう面があると思います。

私たちの「手」を必要とされなくなったとしても、私たちには存在価値があるし、もし、今の課題をクリアしてしまったら、次の課題を作ればいいのです。

あなたにとって、水のバリケードは何ですか?

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に