お子さんのブランド力は、毎日の積み重ねで高まる。


利用できるものは、利用しよう。

先日、あるお母さんと話していて、スーパーの話になりました。

私が、とある激安スーパーの名前を出すと、
「先生がそんなスーパーに行ってるなんて、イメージつきません…◯◯や△△(いわゆる高級スーパーの名前)に行かれていると思ってました」
と言われてしまいました。

いやいや…
どんなスーパーだって行きますよ。
バッチリ、シルク混の生地でテカったスーツを着て、端正なウールのコートを着て、激安スーパーに出かけます。

そんな話で大笑いした後、まぁ、そう思ってもらえるなら、それはありがたいことだな、と思いました。

逆に言うと、日々の積み重ねがそういうイメージにつながったと思うと、今までやってきたことは、ムダじゃなかったな〜とまで思ってしまいました。

これまで、こんなことにお金を使っていいのか、と葛藤しながら買った洋服の数々…

ドキドキしながら、平然としたフリをして入った高級レストラン…

私がお菓子を買って行くと、同僚に、
「青木先生が選んだんだから、何か有名なんでしょ…」
と言われたことがあり、かつてはプレッシャーでした。こりゃ、変なものを買っていけないぞ…なんて思いが湧き上がったものです。

でも、その域に達してしまえば、トクだなぁと思うんです。

お母さん方は、毎日、毎日、お子さんにアレをさせて、コレをさせて、しかも早く寝させてと、大変だと思います。

その積み重ねは、ふとした時に、
「◯◯くん(ちゃん)なら、大丈夫でしょ〜」
という個人ブランドとなることにつながっています。

毎日の生活の中では、そんなブランドが積み上がるなんて、思えないかもしれません。

が、ある時、きっと誰かから、思いもよらないタイミングで、積み重ねを認めてもらえる瞬間がきます。

母が、自分の都合で、私を伊勢丹の地下食品街と洋服売り場(おもちゃ売り場ではないのが、その頃は本当に残念でしたが…)に連れ回したことは、こんな形で認められることになったようです。

お母さん!
ぜひ、ご自身の都合で、お子さんに何かを積み重ねていただきたいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に