イライラを吹き飛ばし、毎日を明るくする言葉とは…

毎日を明るくし、イキイキ過ごせる最強の言葉は…

「悪い〜?」


かつてのクラスでの話です。
とても私のことを慕ってくれる子がいました。
昼休み、遅い子がお弁当を食べ終わるのを待っていると、わざわざ、一度教室に戻って来て、

「さ、先生、遊ぼ〜」

と、言ってくれるのでした。

ある時、そんな彼女をバカにする子が現れました。

「おい!お前、また青木先生のところに行くのかよ。赤ちゃんじゃないの!?」

すると、彼女は、

「そうだよ。悪い〜?」

と一言だけ言い残し、彼をスルーして教室に入ってきました。

私は、この一部始終が聞こえていたので、様子が眼に浮かぶようでした。

その後、彼女は全く、からかわれることもなく、平穏に、淡々と毎日を過ごしました。

私はこの会話から、本人の罪悪感がないこと、腹が据わっていることって、すごいなぁ…と思いを新たにしました。

こちらが気にするから、相手も攻撃しやすいのです。
「赤ちゃんじゃないの〜」
と言われて、真っ赤になって俯くでもなく、しつこく言い返すでもなく、キレるでもなく、

「そうだよ。悪い〜?」

という、明確で、端的で、それでいて相手の大事なところに一撃を加えた言葉は、私にとって、思い出深いものです。

私自身、実は、なかなかそれができません。
いちいち、人目を気にし、これでいいのか、バカにされないか、責められないか、いつもウジウジ考えています。

でも、結局は、したいことを損得抜きでしてしまうし、欲しいものはローンででも買ってしまうし、言いたいことは言ってしまうので、前半のウジウジは、エネルギーのチャージのようなものかもしれません。

「そうだよ。悪い〜?」

あなたは、いつ使いますか?

「なんでお母さんはテレビ見てるのに、僕に勉強させるの?遊んでいたいのに…」
「え?悪い?」

素晴らしい会話です。

はい?
いつでもこうなってる?

それでも、無視して、やらないんです!

だったら、その方法はマンネリ化しているということですね。

あるいは、悪い?の他に言葉を足していませんか?間を取ることも大事なヒントです。

「ねえ、なんでやらなきゃいけないの?」
興奮したお子さんに聞かれたなら、一息…5秒ぐらい数えてから、

「やらせちゃ、悪い?」

勝負は一発です。
グサリと一言だけ、お願いします。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に