お母さん!お子さんにそれを伝えるのは、今ですか?

なんのかんの言っても、やはり押し付けはイヤ。

 

「今でいいのかな…」

「大丈夫かな…」

 

ちょっと意識するだけで、大いに効果がある。

 

 

先日、とある自動車ディーラーに行きました。

これまで購入したことのないお店でしたが、吉祥寺の街を歩いている時、チラシを手にし、行ってみてもいいな、と思ったのでした。

 

より正確に言うと、3週間ほど前にチラシをもらい、翌日には行ったのです。

が、試乗車がない、とのことで、手配できたら連絡する、という話で、その後、何もなかったのです。

 

実際、私としてもそのディーラーのことをすっかり忘れていました。

そんな時、「試乗車が来ました」と電話をいただき、

「あ、そうだった」

ということで、行ってみたということです。

 

試乗そのものは、まあ、楽しかったです。

が、低速で走っている時のギア選択がスムーズでないのか、どうもギクシャクする感じがあることと、アクセルペダルとブレーキペダルが近く、気をつけないと、ブレーキペダルを踏む時、一緒にアクセルペダルも踏んでしまいそうなのです。60点ぐらいの満足度で、お店に戻って来ました。

 

思えば、今は12月です。

月末までに納車しようと思えば、手続きの諸々を考えると、リミットが近づいています。

当然、営業マンはクロージングを焦ります。

 

とうとう、

「もう、今、決められませんか?」

と言われ、閉口して帰って来ました。

 

初めての試乗で、今決めろ、と言われても、そこに心を動かされる熱意は感じられませんでした。

 

そもそも、その車にさほど満足していないのですから、どんなアプローチがあっても、決める可能性は、とても低いわけです。

 

それに加えて、3週間の放置を経て、15分の試乗で、はい決断しませんか?は無理ですね。

 

強引に背中を押してもらえることは、車のように大きい買い物では必要なことでもあると思います。

 

が、背中を押す価値があるのは、押してほしいと本心では思っている時だけです。

当たり前のことですよね。

押す人の都合で、押されても困ります。怖いだけです。

 

お子さんに勉強や、生活習慣の改善、実行を求める時、このことを少し考えてみてほしいな、と思います。

 

子どもにとって、ウキウキするようなことでもない限り、実際上は、「押し付け」が必要です。

 

ただ、あまりにいつでも押し付けでは、それだけでやる気が無くなります。

「今、大丈夫かな…」

と、頭の片隅で考えてみるだけでも、そのゆとりがお子さんには救いになるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に