「もう、いい加減、自分でやってよ!」と思うなら、こうしてみてください。

あと一歩、自分の力で先に進むためにこそ、今は一緒にやろう。

 

「あ〜おもしろそう」

「いいな、やってみたいな」

という素朴な気持ちも、

 

「どうせムリ」

「ボク(ワタシ)には合わない」

などと、できない、しないことを当たり前にしていませんか?

 

お母さんや友達と一緒なら、一歩を踏み出せます。

それは、甘やかしではありません。

喜んで、一緒にやりましょう。

 

 

今日の朝、穏やかな空気に誘われて、井の頭公園に入りました。

本当は、吉祥寺の駅に向かう予定でしたから、普通なら公園に入らず、大通りを駅に直行するところだったのです。が、木々の色づきも素敵でしたし、歩くのもいいな、と思ったのでした。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、公園に入るとすぐのところに、管理事務所があります。

 

すると、

「リース作り 材料が無くなり次第、終了」

と書いてありました。

事務所の出入り口には、公園内で集めた枝、木の実、葉などがあり、どうやら、好きなものを選んで、作らせてくれる、ということのようです。

 

人目を気にし、うまくできない自分が恥ずかしく、こういうことには手を出さない私でしたが、今日はどういうわけか、やりたくなり、迷うことなく材料を手に取り始めました。

 

一緒にいた妻も、初めこそ、躊躇した様子でしたが、すぐに材料を集め始め、その様子に気づいた職員の方が出てきて説明もしてくださったので、二人で夢中になって取り組んでしまいました。

 

これが一人だったら、どうでしょう…

ちらりと目線を送り、内心、やりたいな、と思いながらも、

 

「早く駅に行かなきゃ〜」

とか、

「あ、新しく出たポケモンを捕まえたいな」

などと、もっともらしい言い訳を自分に言い聞かせて、立ち去ったに違いありません。

 

お子さんを甘やかすまい、と自分の力でやらせることを心がけるのは、とても素晴らしいことです。

 

が、それにこだわりすぎると、かえって自分の力でできなくしてしまうようです。

お母さんや親しい友達など、安心できる人と一緒に取り組むことで、心にゆとりができます。

 

その積み重ねが、お子さんの心をたくましくし、新しいこと、不安なことでも、やってみようと思える強さに繋がるのです。

 

ぜひ、安心して、手をかけてあげてほしいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に