吉祥寺のキラリナにあるスタバで見ていて、わかっちゃったこととは…


たとえ親子でも、きっと別々の宇宙を持っている…

そんなこと、当たり前だと思うかもしれない、もしくは、そんなはずはない!と腹が立つかもしれない。

どちらにせよ、これを時々、思い起こすことは、お母さんの肩の力を抜くチャンスになる。


私は、駅でぼんやり人の流れを見ているのが好きです。
吉祥寺に詳しい方ならわかると思いますが、キラリナにあるスタバのガラスぞいの席に座ると、コンコースを行き交う人達がたくさん見えて、なかなか勉強になります。

お〜こんな着こなしがあったか〜
おや…この二人の関係は、怪しいなぁ…

まぁ、全て余計なお世話ですが、仲良く手をつないでいる初々しいカップルだって、グズって座り込んでいる我が子にイライラを隠さないお母さんだって、何をするでもなく、ベンチに座っているようにみえるおじさんだって、一人一人の心の世界は、別々にあるんだろうなぁ…と想像すると、とても楽しくなります。

「親子でも違うんですね〜」

お母さん方の話を伺っていると、よく出る話です。

ある意味、当たり前のことです。
逆に私の子なんだから、こうに決まってる!とイライラされる方もいることです。

お母さんにとってのお子さんは、特別で、格別で、愛情なんて、簡単な言葉では言い表せない関係だと思います。

ですから、言葉にしてしまえば、当たり前の
「親子でも違う」
ということは、時々、あえて意識することで、

「そうか…まぁ、いいか」

と肩の力を抜くチャンスになるようです。

違う宇宙を持っていても、えっ?というタイミングで重なることもありますね。

それは、とても幸せな時間だなぁ…と思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に