吉祥寺のキラリナにあるスタバで見ていて、わかっちゃったこととは…


たとえ親子でも、きっと別々の宇宙を持っている…

そんなこと、当たり前だと思うかもしれない、もしくは、そんなはずはない!と腹が立つかもしれない。

どちらにせよ、これを時々、思い起こすことは、お母さんの肩の力を抜くチャンスになる。


私は、駅でぼんやり人の流れを見ているのが好きです。
吉祥寺に詳しい方ならわかると思いますが、キラリナにあるスタバのガラスぞいの席に座ると、コンコースを行き交う人達がたくさん見えて、なかなか勉強になります。

お〜こんな着こなしがあったか〜
おや…この二人の関係は、怪しいなぁ…

まぁ、全て余計なお世話ですが、仲良く手をつないでいる初々しいカップルだって、グズって座り込んでいる我が子にイライラを隠さないお母さんだって、何をするでもなく、ベンチに座っているようにみえるおじさんだって、一人一人の心の世界は、別々にあるんだろうなぁ…と想像すると、とても楽しくなります。

「親子でも違うんですね〜」

お母さん方の話を伺っていると、よく出る話です。

ある意味、当たり前のことです。
逆に私の子なんだから、こうに決まってる!とイライラされる方もいることです。

お母さんにとってのお子さんは、特別で、格別で、愛情なんて、簡単な言葉では言い表せない関係だと思います。

ですから、言葉にしてしまえば、当たり前の
「親子でも違う」
ということは、時々、あえて意識することで、

「そうか…まぁ、いいか」

と肩の力を抜くチャンスになるようです。

違う宇宙を持っていても、えっ?というタイミングで重なることもありますね。

それは、とても幸せな時間だなぁ…と思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に