「こんなピュアな子がいるんだ〜」そんな子のお母さんがかけてくれた言葉とは…

ピュアな子どもの言葉を温かく受け止めたお母さんの言葉とは…


このブログを読んでくださっている方の多くは、小学生〜幼稚園児のお子さんがいるお母さん方です。

お子さんが語る将来の夢を聞き、微笑ましく思われることも多いと思います。

一方で、実は
「そりゃ、ムリでしょ」
と内心思っている、という方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、誰でもがプロ野球選手になれるわけではありませんし、お花屋さんをやりたいと思い続ける子も少ないかもしれません。

でも、子どもの頃に思い描いていた夢の奥にあるものを考えると、実はそれを叶えるようにしていると思います。

そのヒントが、子どもの頃に好きだったこと、やめろと叱られてもコッソリやっていたようなことです。これは、将来に大いにつながりがありそうです。

ある卒業生の子は、幼稚園の時、
「将来、お母さんになりたい〜」
と友達に言った時、みんなに笑われて傷ついたのを覚えているそうです。

それをお母さんに言ったところ、
「お母さんになるって、素晴らしいことなのよ」
と言われ、とても嬉しかったそうです。

実際、彼女はグイグイ、友人を引っ張っていったり、まとめようとしたりするタイプではありませんでした。(多分、今でも?)

が、穏やかに、じっくり人と関わることができた記憶があります。何より、優しいなぁ、と感じていました。

こういう、ちょっとしたお母さんからの言葉が子どもの将来に大きな影響を与えるものです。

習い事をたくさんさせること、いろいろなところに連れて行くことも、もちろんいいと思います。

が、その前提として、土台に子どものピュアな気持ちを認めることがあるのです。

現実的にムリ…
あなたにはムリ…
私の子どもなんだから、そんなことムリ…

逆に、
そんなレベルじゃないはず…
あなたにはもっとできるはず…

まぁ、そう言わずに、お子さんの言葉の奥にあるピュアな願いは何かを考えてみていただきたいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に