力むと、オーラが相手を固くする!?

上手にお子さんに伝える秘訣…
肩の力を抜く。


例によって個人的な話ですが、私は肩コリになりやすい人で、疲れが溜まったり、調子が悪くなりかけると、肩がコリ、頭が痛くなります。

もう、無意識のうちに、アタマの中でアレコレ考え、肩に力を入れているのでしょう…

そんな力んだ調子で、子どもと関わっても、何かうまくいかない感覚が残るような気がしています。

数十人の子どもを前に、毎日を円滑に回していくためには、力んで声を張り上げたり、体を使って何かを訴えたりする必要もある反面、そればかりでは、子どもの方が疲れてしまうように感じます。

若い先生は、そうでもないのです。
先生も年を重ねて、経験も積むと、やはり重みが出てきます。

そうなると、全力でこられすぎると、
「お腹いっぱい」
とでもいう感じで、受け止めきれないのでしょうね。

力むことで、何かオーラでも出るのか、そのあたりはよくわかりません。

が、何か人に伝わるものがあるように感じます。
ですから、何かを人に伝えたい時は、肩の力を抜くことが大切です。

もちろん、いつでも軽くていいかというと、それは違います。

ここぞという時は、グッと腹に力を入れて、テコでも動かない強さ、力みが必要です。

このバランスが、必要に応じてできるようになりたいものです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に