気持ちが上がるためのヒントは、「安心」がキーになっている。

気持ちが上がるためにできること。

そして、気持ちが上がる、とは楽しくなるということよりも、「安心できる」ということ。


先日、学校に行くために、朝の準備をしていました。
その時、初めて(だと思いますが…)、気持ちの上がる服が着たい!と思ってしまいました。

私は洋服が好きですし、場に応じた服装というのは大切なマナーだと思っていますが、気持ちが上がる服という感覚は初めてのことでした。

今年の私は広報を担当しているので、最低限、ジャケットは着て出勤します。が、この日は、なぜかスーツを着たくなりました。

チャコールグレー、かなり黒に近いような濃い色の起毛感がある冬物スーツです。

前肩仕様で、肩にはパットの入らない軽い仕様になっていて、一方でウエストはグッと絞っているお気に入りのスーツです。

一通り合わせて、玄関の鏡の前に立ってみますが、どうもしっくりこない…

シューズを表革の普通のものではなく、スウェードのモンクストラップにしたからでしょうか…

でも、その靴を履きたいのですから、仕方ありません。
そこでポケットチーフの違和感に気づきました。リネンの白いチーフをキチンと刺していたのですが、そこが浮いていたようです。

急いで、柄の大きいものに変え、今度は納得できました。

と、ある1日の私の服装になんか、全く興味を持てない方がほとんどという中で、ツラツラここまで書けるのは、気持ちが良かったからです。

子どもにとって、気持ちが上がるものというのは、遊びにつながる可能性もあり、むしろ与えないようにと思われる方もいらっしゃると思います。

確かにそうですね。
集中を妨げるものを物理的にそばに置かない、目に入れないということは、基本中の基本と言えるでしょう。

ここで考えるといいことは、気持ちが上がる、というのは、楽しいということではなく、「安心できる」という意味だ、ということです。

スヌーピーに出てくるライナスの毛布と同じなのです。

お子さんが安心できるために、どんな工夫ができるでしょうか?

今日、意識していただきたいことは、そこです。
安心できることで、毎日は、きっと明るいものになりますね。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に