子守りはスマホ いい?悪い?

自分の時間は、とても大切。

そこで、スマホに子守を頼むって、いい?悪い?

 

 

毎日新聞にこんな記事を見つけました。

「自分の時間欲しい”スマ放置ママ”6割」

 

お母さんは大忙しです。

仕事をされていなかったとしたって、余裕があるでしょ、なんて言われたら、きっとムッとされるのではないでしょうか。

 

家の仕事、子育てのことには、終わりがありません。

そして、正解がありません。

昨日の記事(「やらせても、やらせても足りない!どこまでやらせればいい!?)で書いたことともつながりますが、なかなか、簡単にはお母さんの心の片隅から、不安が消えないものですね。

 

実際の生活上も、精神的にも、お母さんが自分の時間をじっくりもてることは、本当に大切です。

 

そして、それがお母さんの安心や満足につながれば、結局、お子さんの安心につながり、日々の生活も安定します。

 

ところが、そう簡単ではありませんね。

冒頭に書いた毎日新聞の記事によると、

 

「4歳〜8歳の第一子を持つ母親の6割以上が、子どもをスマホで遊ばせたことがある」

 

と答え、その理由で最も多かったのが、

 

「自分の時間を確保するため」

 

で、7割以上の方があげたそうです。

 

実際、私が子ども達と接していて、子ども達は、何の意識もせず、自然にお父さんやお母さんの携帯に触ることがとても多いです。

 

100パーセントではありませんが、そういう子は多そうです。

この記事の調査は、私には自然に感じられます。

 

そして、重要なことに、子どもをスマホで遊ばせたことがある、と答えた母親の76.3パーセントが、

「よくないことだと思っている」

と答えたのだそうです。

 

この感覚は、今の日本では、一般的なものでしょう。

程度問題だとは思いますが、短い時間ならいざ知らず、あまりに長時間だと、あるいはそれが当たり前になると、いいのかな…という疑問符が私の頭の中にも湧いてくるのが事実です。

 

このことは、テレビ保育、ビデオ保育がいいか、悪いかという論点の延長にあるように思います。

 

これらのデジタルデバイスが子ども、赤ちゃんにどんな影響を与えるかは、賛否両論の研究がありますが、いずれにせよ、問題は、「放置」です。

 

これだけスマホやパソコン、テレビが普及した今、全くそれらに触れずに、ある程度大きくなる、ということは不可能です。

 

また、これから、それらのデバイスをなくそう、などというのも非現実的です。

バランスよく、程よく使う、というのは、このご時世では一般的なのではないかと思います。

 

むしろ、公園や図書館、あるいは駅前などで、お母さん同士のおしゃべりに花が咲き、お子さんに、スマホどころか、身の危険が迫っていても気づかない、人に迷惑をかけていても知らんぷり、という「リアル放置ママ」の方が、目の前の危険がありそうです。

 

最も大事なことは、

「放置」

をしないこと。

 

そして、スマホは、

「程よく」

が次に大事だと思います。

 

子どもの心配をする前に、私自身、スマホを忘れると生活ができません。もう、大人がスマホ中毒なのです。

 

気をつけたいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に