ご褒美で釣っちゃいけないなんてわかってる。でも、とりあえず、コレをさせなきゃ1日が終わらない!なんていう時のヒント

もう、理屈はいいから、理想もいいから、とりあえず子どもを動かしたい時の言葉かけのヒント

つぶやく。


私は、子どもに何かを伝える時、とくに褒めたい時は、ハッキリ、キッパリ伝えることを大切にしています。

いいことを伝えたい時などは、照れてしまい、何となくモジモジしてしまったり、何について褒めたのか、よくわからなかったりしますから、いいことを伝える時の方が、覚悟が必要です。

とはいえ、子どももプロです。
大人が褒め言葉で、言動を誘導しようとしているのか、常に敏感に感じています。

褒め言葉をニンジンのように目の前にぶら下げても、効果は一時的であるか、大人の承認がないとダメな子になってしまうか、というちょっと大きなテーマは、アタマの中にあるにせよ、忙しい毎日を乗り切るためには、

もう、理屈なんていいから、あとで困ってもいいから、コレをさせたい。

という時もあるのが当然です。

そこで、褒め言葉で釣りますが、もう効果が薄いなぁ…という時は、ぜひつぶやいてみてください。

ワンワード、短い言葉がいいですね。

例えば、テレビのワイドショーなどで、専門家がダラダラとウンチクを言っていることよりも、いわゆるおバカキャラの若いタレントさんが、

「ウソ…バカみたい」

とつぶやいたことの方が、心に残ったりします。
きっと、テレビの中では、それも計算されていたりもするのでしょう。

いずれにせよ、それを聞いた人が、その人のホンネ、素の気持ちが出たんだなと受け止めてくれればオーケーな訳です。

「おっ、スゴい…」

というような褒める言葉だけでなく、

「やれ」

というような、刺す言葉でも応用可能です。

一言を小さい声で、しかし譲らないぞという覚悟で、ブスリとお願いします。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に