自分を変えるのは、負けではない。間違っていたわけではない。自己否定ではない。

自分を変えるのは、負けではない。
自己否定ではない。

私はこれまで、積み木崩しの大切さを訴えてきました。

初めは親から言われた積み方です。
いや、親が積んであげなくてはいけません。
次第に自分の積み方も入り、教師や友達の積み方も入り、作品は入り組んできます。

成長の過程では、残念ではあるけれど、せっかく積み上げてきた作品を一度、壊さなくてはなりません。

さみしいし、残念なことです。

さて、この積み木を崩さなくてはならない時、これまでの自分が間違っていたから崩さなくてはならないんだ、というとらえ方をすると、崩すことが「負け」になり、「自己否定」になります。

すると、壊したり、崩したりすることを頑なに拒否し、守ろう、守ろうとするようになります。そして、多くの場合、攻撃的になるのです。あるいは貝のようになります。

私にも、そういうところがあります。
人には、
「新しい自分になれるチャンス〜」
などと、言えるのに、自分ではどうでしょうか…

平気で壊せてしまう時と、まだ守ってしまう時があるのが実際です。

では、この違いは何なのでしょうか。
それは、私が自信を持っているか否か、安心できているか否か、なのです。

あ〜大丈夫。
壊したって、また作ればいいから。

と安心している時は、壊すことができます。
例えば、私の場合、料理などが当たります。
試しにやってみて、とんでもないものになった時…
ウジウジもしないし、むしろ笑ってしまうのです。
よし、次はこうしてみよう、と前向きです。

私は料理が得意なわけではありません。
できなくても、大丈夫。
できるために、失敗しても大丈夫。
と、心から思えているだけのことです。

でも、人間関係となると、なかなかどうして、ダメですね。

ホンネが大事と言いながら、やはり、まだ人目を、相手に嫌われたくない、と考えてしまいます。

大丈夫。
次は、こんな声をかけてみよう!
と、明るく前向きにはなれないところがあります。

そんな私ですが、少しずつ、自分の気持ちに正直になれることが増えているのは間違いありません。

というのも、
「自分を変えるのは、過去の自分が間違っていたからではない」
という考え方ができるようになってきたからです。

アオムシでさえ、脱皮するのに悩みません。
自分を変えるのは、痛みも、寂しさもあるけれど、自分が大きくなっていることなんですね。

お子さんをご覧になっていて、おや?と違和感を感じる時…
あるいは、お子さんを見ているお母さんご自身の感覚が変わったな、と感じる時…

古い殻を脱ぐタイミングがきた、ということです。

「そんなの絶対にイヤだ!」

という気持ちになったなら、変化は失敗や間違いの証明ではない、と思い返してほしいな、と思います。(そして、私もそうします)

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

我が子に思うようにされて、時々、腹が立っているお母さんへのメッセージ ()
我が子を思うように導けるお母さんはスゴい。我が子に思うように導かれるお母さんもスゴい!私は、先生という仕事をしているので、心の片隅に、いや、心のかなりの部分に、キチンとクラスをまとめるとか、子どもたちを引っ張るとか、自分が何を提供できるか、という部分、意...
>> 続きを読む

有能な軍師とお母さんは、コレができる。 ()
解決を焦らずに、時間をかけていい。焦らずに待てるのは、時機をとらえる力がある、有能だから。旬の食材は、美味しいし、体にもいいと言います。トラブルにも、旬があります。この魚は美味しい、とわかっていても、旬の時期まで待ってからいただく方が、より美味しいのなら...
>> 続きを読む

選択や決断に迷ったら、こうして欲しい。 ()
自分で決めることなんてできない、と思ってみると、肩の荷が下りる。私たちは、毎日毎日、瞬間瞬間、選択・判断を迫られます。「このおせんべい、食べるべきか、食べないべきか…」そんなことでさえ、選択・判断を迫られることは、心に疲労感を残します。選択・判断するとい...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に