クレーマーにならずに済む方法とは…

クレーマーになりたくない!
モンスターペアレントになんて、なりたくない!

そのために、キチンと気持ちを伝える。


スタバは、いつでも混んでいます。
私がよく行く時間帯は、朝早いこともあり、座れなかったことなど、ほとんどありませんが、土日の11時以降ともなると、アッサリ座れることの方が珍しいかもしれません。(それでも、不思議と座れなかったことは、ほとんどないのですが…)

さて、この週末も、やはり混んでいた吉祥寺ですが、いつもあまり行かないスタバに行ってみたところ、案の定、混んでいました。

ところが、タイミング良く、ちょうど親子連れが出そうになっていたので、少し離れて待っていました。

さて、行こうとすると、スッと後ろから若者カップルが現れて、座ってしまったのでした。

まったく〜とハラが立った私でしたが、もしかしたら、彼らの方が先に待っていたのかもしれないのです。

そこで、私は店員さんに、並んでいる列がハッキリするとありがたいと話しました。

これは、ともするとクレーマーと言われてしまうことなのかもしれません。

もちろん、怒鳴ってなどいませんし、責任者を出せ、などとも言っていません。

まぁ、私のイライラは伝わったでしょうから、店員さんはクレーマーと感じたかもしれませんね。

だとしても、私は自分の気持ちを伝えられたことで、自分に満足できるのです。

このイライラを抱えたままにすることは、スタバへの怒りを溜めるのではなく、自分への怒りを溜めることになるのです。

割り込んできた(と私からは思える)若者への怒り、システムをキチンとしないスタバへの怒りは、大なり小なりあるにせよ、仕方ないことです。

ウジウジと心の中で、くすぶるのは、こういう時に、

・若者に対して、「私が先に待っていた」と言えなかった

・店員さんに対して、要望をキチンと伝えられなかった

「自分」の不甲斐なさなのです。

というわけで、大切なことは、自分の心の中に湧いてきた気持ちを、落ち着いて、伝えることなのです。

相手にも立場があり、都合があるので、自分の要望を聞いてもらえるとは限りませんし、イライラを返されてしまうかもしれません。

でも、少なくとも、自分本人が、自分自身の気持ちに正直になり、それを相手に伝えることができた、ということで、納得ができます。

私たち教師は、大切なお子さんをお預かりしています。
また、先生を立てなきゃ、学校を尊重しなきゃということから、
「うーん…これは言おうか、言うまいか…」
と、お母さん方を悩ませてしまうことも多いと思います。

そんな時、どうすれば、一番、納得ができますか?
教師に伝える前に、お友達に言ってみるのもいいでしょうし、ご主人に言ってみるのも、おばあちゃんに言ってみるのもいいかもしれませんね。

私自身、お母さん方に、こういう気遣いをさせていることを自覚した上で、素直な気持ちを伝えることの大切さを訴えたいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

とにかく、寝ましょう。 ()
具体的に何をしたらいいか!一つだけというなら、「早く寝ること」お母さん方からいろいろな話を伺っていると、わりと漠然とした質問を受けることがあります。「先生、今は何に気をつけたらいいですか?」もちろん、状況によりますが、漢字練習や計算練習などといった、超具...
>> 続きを読む

気持ちの切り替えは、こうしよう! ()
気持ちの切り替えは、逆のことをやること。疲れたなぁ…休みたいなぁ…そんな風に、思われることもあるかもしれません。会社には休みがあっても、家庭には休みがありませんね。子育ては、最高の仕事…だとしても、うんざりしたり、一人にしておいて!という時があったりもす...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に