「なんで勉強しなくちゃいかないの?」それはね…

「ねぇ〜なんで勉強なんて、しなくちゃいけないの?」

こんな質問の答えには、いろいろあるけれど、これだけは、心の中で思っておきたい。

「それはね、大人のためだよ」

いきなり身もふたもない話ですが、子どもは敏感です。
そして、敏感過ぎるところがあります。

勉強しなくちゃいけないのはわかっていて、面倒になると、大人が困るとわかっていたり、大人の心の幅を試そうとしたりして、

「なんで勉強なんて、しなくちゃいけないんだ!?」

というような質問をしてくることがあります。

その答えには、いろいろなバリエーションがあると思います。

真剣に勉強の意味を知りたいと思っているのなら、あなたが感じている、自分で経験した勉強の喜びを語るのが一番です。

「私は勉強しなくて困ったから、あなたはやりなさい」

というタイプでは、

「じゃ、今からやりなよ」

というようなイジワルな反発心も産んでしまうかもしれません。

聞かれた大人が、自分の経験した勉強の喜びを語るのが一番効果的で、子どもは安心できます。

一方、単にやる気をなくしていて、やらない口実を探しているだけなら、具体的なメリットをいくら答えても、反論が止まらなくなります。

そんな時は、選択肢は2つです。

まず、何も答えない。
完全なる無視です。

やるべき課題を目の前に置き、横に座って、何も言いません。

私はこれが一番いいと思いますが、冷たく感じるならば、やるべき課題を終えたところで、最初のパターンのように、あなたが感じた勉強の喜びを伝えてあげるのがオススメです。

さて、どのケースでも、大人の心の中にしまっておくこととして、勉強しなくてはならないのは、大人のためだということを意識しておきたいなと思います。

外で遊びたい、ゲームをしたい、本を読んでいたい、テレビを見たい、ゴロゴロしていたい…

そんな欲求が湧いてくるのが自然なのです。
勉強に楽しみや喜びがあるのは、間違いないのですが、子どもが目の前の欲求にかられるのは当然のことです。

それはわかっているけど、子どもの当然の欲求に任せて、

・力がつかなかったらどうしよう
・他の子より遅れたらどうしよう
・この時期にすべきことをさせられなかったらどうしよう
・子どもの欲求に負ける親だと思われたらどうしよう
・子どもをうまくやる気に導けないダメな親になったらどうしよう

など、不安材料がムクムク湧いてきてしまう、ということはありませんか?

大人がそう不安になるのも当然ではあるのですが、だとすると、今、目の前で、カリカリと勉強してほしいのは、

「私を安心させてほしい」

というホンネが隠れているのだと思います。

しつこいようですが、大人がそう感じるのも当然なので、それに罪悪感を持つ必要もなく、勉強を始めたお子さんの横に座って、

「いやぁ〜私が安心できるために、ありがとう〜」

とほくそ笑んでいることが大切です。

勉強する喜びは、あるところまで人格が育ち、私は私の関心のあることをやるんだ!と、ハラが決まれば感じることができます。

お子さんは、小さければ小さいほど、お母さんの気分と一体化しています。

お母さんがホンネに正直でいることは、お子さんの成長にとても効果的なのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に