予定を変えることに抵抗感がある方へ…スタバに行きたくなかった朝のヒント


今日は、無性にスタバに行きたくなかった…
だったら、行かなければいいのです。
が、心の中には抵抗感がありました。
予定を変えるのは、心の抵抗があるけれど、素晴らしい経験。


今朝、私はいつものように、出勤前にスタバでコーヒーでも飲もうと思っていました。

家を出て、秋晴れの気持ちの良さに誘われて、井の頭公園の中を歩いていると、七井橋まで来ていました。

そこで、無性にスタバに行きたくない自分に気がつきました。正確には、コーヒーが飲みたくない気持ちになっていました。

なら、やめればいいのです。
300円浮きますし…

でも、心の中には抵抗感が湧いていました。
予定を変えることって、何となくイヤなのです。

たかがコーヒーを飲むか飲まないかで、七井橋のたもとで逡巡していた私に気づいた人はいないでしょう。

やけにゆっくり歩いている人がいるなぁ、と思った人さえいないでしょう。

でも、当の本人にしてみると、結構な嵐が心の中で吹き荒れていました。

予定を変えることへの抵抗感、不安感は、子どもによっては、思っている以上に強い場合があります。

このブログを読んでくださっているお母さん方の中にも、子どもに予定を変えさせようとして、苦労している、したことのある方がいらっしゃると思います。

多くの場合、予定変更は、大人の都合なので、お母さんの心の中に罪悪感や、またやっちゃった…という失敗感が湧いてしまうかもしれません。

冷静に考えればわかることですが、日常は予定変更の連続です。

ですから、予定変更に慣れておくことは、本当に大切なことです。

そう考えれば、急な予定変更でお子さんを泣かせるのは、失敗ではなく、素晴らしい経験を与えたことになるのです。

さて、七井橋で迷った後の私は、なぜだか駅に向かわず、池に沿って歩いてしまいました。

井の頭公園駅の近くでは、カワセミの美しい姿を見ることもできました。

池を半周し、また七井橋に戻ってきた時、今度は、無性にコーヒーが飲みたいのです。

まぁ、なんとワガママな私でしょうか。

今度は無事にスタバにたどり着くことができました。何の罪悪感も無しで…

池を歩いてしまったので、スタバにいられた時間は短くなりましたが、心の満たされる時間を過ごせたのは、本当に素晴らしいことでした。

もし、次に予定を急に変えようとして、お子さんを困らせてしまった時は、この子に野生のカワセミを見せてあげたようなものだわ〜とドヤ顔をすればオーケーです。

お母さんのドヤ顔こそ、お子さんにとって、安心の素なのですから。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に