「これが、この子の今なんだ」それって諦め?それとも執着の手放し?

「これが、この子の今なんだ」

と考えることは、白旗を揚げる諦めなのか、それとも、執着を手放して心を軽くすることなのか。

 

 

あの子は、もう、30分で10ページも書けるのに、どうしてウチの子は…

 

というようなことは、よくあるのではないかと思います。

他人の立場に立てば、

 

・書くのは遅くても、上手に説明できるよね

 

など、苦手なところがあったとしても、他にいいところもあるね、という「冷静な」見方もできるでしょうが、言っても言っても、させてもさせても、良くならないことがあると、

 

「あの子は、もうあんなにできるのに…」

 

という悲観モード全開になることもあると思います。

 

そんな時、

 

「ま、これがこの子の今なんだ」

 

というのは、白旗を揚げる諦めなのか、それとも執着を手放して、心を軽くすることなのでしょうか。

 

その答えは、

「ま、これがこの子の今なんだ」

とつぶやいた後に、腹が立っているのか、心がすっきりしているのか、でわかります。

 

つぶやいた言葉そのものではなく、その時の気持ちがキーになっているということです。

心がすっきりしたなら、もう問題はありませんし、むしろ、お母さん、私たち教師などの身近な大人が明るく問題を手放すことができると、かえって子どもは成果を上げるようになったりすることも多いのです。

 

腹が立っているなら、妙に理解のある人を演じることなく、子ども相手ではなく、言える大人に対して、自分の腹立ちを心ゆくまで、表現することが大切です。

 

そして、その相手は、できるなら、あれこれ意見や提案をしてこない人がオススメです。

 

自分でも恐ろしいぐらいに、文句を言うと、意外とスッキリ気持ちが晴れることがあります。

 

というのも、クラスで子ども同士の話し合いに立ち会ったり、あるいは面談でお母さん方の話を伺ったりする際、怒りをとことん出してもらうと、その後、もう何事もなかったようにスッキリされる姿を何度も目にしてきたからです。

 

とはいえ、私自身、嫌われたくないがために、本音を押し隠し、上手に怒りを出せないところがあるので、気持ちを表に出せない人の気持ちはわかる部分も多くあると思います。

 

ちょっとずつ、手放す練習ということで、いいのだと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

イライラすることは問題ない。 ()
気持ちは、味わうことが大切。先日、あるお店で、頼んだ料理が出てくるのに、ずいぶんと待たされました。わりとイライラしていたところ、30分近く待ったでしょうか、やっと出てきました。そんなことでイライラしている自分の小ささにもイライラしますし、何となくこのことは...
>> 続きを読む

煮詰まったトラブルの解決のヒント ()
煮詰まっている時は、話を具体的にする。先日、久しぶりに子ども同士のトラブルがあり、間に入る機会がありました。遊び道具の貸し借りのトラブルだったのですが、なかなか貸してもらえないことでイライラし、言葉が過ぎたことでトラブルになったようです。最終的には、「あ...
>> 続きを読む

朝から店員さんに大笑いされて思うこと。 ()
朝から、人に大笑いされたからといって、自分がバカにされたわけではない。今朝は、ちょっと気分を変えて、いつもと違うカフェに行きました。開店直後だったこともあり、人はほとんどおらず、店員さんも、まだ準備しながら、という雰囲気でした。レジで注文と会計をしようと...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に