弱みがあるのは当然。実は、それが強み。

自分の弱みも受け入れる。

それは、諦めではない。

弱みがあること、それ自体を認めるから、それを強みとして伸ばすことができる。

 

 

先日、自宅にあるハードディスクレコーダーに自動的に録画されている番組リストを見ていました。

 

すると、なぜかディスカバリーチャンネルの巨大空港を動かす人々というような回が録画されていたので、見てみました。

 

ドイツのフランクフルト空港を舞台に、パイロット、グラウンドスタッフ、管制官や工事監督など、いろいろな立場のプロフェッショナルの活躍が描かれていました。

 

その中で、ルフトハンザのベテランパイロットが、

「私は、私自身がミスをする存在だ、ということを受け入れています」

と言っていたのが、心に残りました。

 

これが、開き直りや諦めではないというのは、おわかりだと思います。

 

弱みや苦手なことが自分にあるというのは、当たり前のことですが、受け入れたくないことでもあると思います。

 

例えば、私自身、本当にお母さん方と接するのは、本当に苦手でした。

子ども相手でも、スムーズにコミュニケーションを取るのが苦手でした。

 

若い先生が、子ども相手にコミュニケーションを取るのが苦手って、結構、致命的なことだと思います。

 

ところが、なぜだったのか、ある日の昼休み、鬼ごっこをして、逃げていた時、体操台で偶然、居合わせた先輩先生に、ふと、自分の苦手なことを話したのでした。

 

ひとたび、認めてしまうと、肩の力が抜けて、自然さが増してきました。

弱みは強みの裏返しでもあるのですね。

 

今、気になっているお子さんの弱みがありますか?

実は、それが強みなのかもしれません。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に