愚痴は、今まで気づかなかった子どもの心の中にあるヒントに気づくチャンスでもある。

できれば、愚痴を言わない方がいいけれど、お子さんの心にある鍵を見つけるチャンスでもある。

 

 

新橋や有楽町のガード下、というと仕事帰りのサラリーマンが、職場や上司、取引先の愚痴をこぼす居酒屋さん、というイメージがあります。

 

実際のところはどうなのか、ちょっとわかりませんが、愚痴をこぼすこと、中でも、その場にいない人の文句を言うことは、はばかられることです。

 

お母さん方の中には、お宅で友人の文句を言うお子さんに辟易して、

「いない人の文句を言うのは、最低なのよ!そんなに言いたいことがあるなら、面と向かって言いなさい!」

と、思わず言ってしまったことのある方がいらっしゃるかもしれません。

 

親子関係に限らず、誰かの愚痴を聞くのは、心が疲れることでもあると思います。

そして、聞くどころか、その場にいない人の愚痴を自分が言っているのは、自分で嫌な気がします。

 

それでも、私は誰かの愚痴、文句を言った方がいいと思います。

面と向かって、相手に言えるのなら、家に帰って、愚痴などこぼさないのです。

お母さんがお子さんの愚痴を聞くことは、お子さんの心にエネルギーを貯める、充電のようなものです。

 

心に溜まった不満は、相手に直接、伝えてこそ、解消できるということは、子ども自身がわかっていることがほとんどです。

 

でも、できない。

 

そんな時は、お子さんが嫌いなアイツ、あるいは、困っているあの事を一段、掘り下げて聞いてみるチャンスです。

 

アイツの何が、どんなところが、いつ…

 

深く、深く聞いていくと、今まで思いもしなかったお子さんの心の中にある「鍵」のようなものが見つかるチャンスでもあるのです。

 

私自身、ちょっとケンカの仲裁に入ったつもりが、

「それで?それで?」

と聞いていったことで、

 

「あ〜そこにこだわってたんだ!」

 

と気づく機会になったことが、たくさんあります。

そんなことを面談の際などに、親御さんに伝えると、本当に驚かれることもたくさんありました。

 

愚痴は、言うのも、聞かされるのも、心の重いことですが、今まで気づかなかったことに気づくチャンスでもあるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に