お母さん!お子さんはトラブル好きではありませんか?

何の山もない、谷もない、そんな日々はつまらないかもしれない。

けれど、あえて自分から山や谷を作る必要はない。

 

 

人が集まれば、いろいろなトラブルも起こります。

中には、そんなトラブルを楽しんでいるように見える人もいるように思います。

 

教室で、ある子とある子が、ちょっとしたトラブルになったとします。

例えば、勘違いして鉛筆を使ってしまい、

「私の鉛筆、取らないで!」

と言われた、というようなトラブルです。

 

取ったつもりはないのに、取った!などと言われるとカチンとくるものです。

そのイラッとした気持ちを誰かに言わずにいられないのも理解できますが、この会話が実態以上の噂を作り、トラブルを大きくする結果になることも少なくありません。

 

特にトラブルが起こると、ワクワクするなどという子の耳に入ると大変ですね。

 

そういうトラブル好きの人には、いろいろなタイプがあると思いますが、中でも私が着目しているのが、

 

・自分が状況をコントロールしたい

 

欲求が強いというタイプです。

 

自分の思い描いた通りに、登場人物が動いたり、言葉を言ったりして、思い描いた通りの関係になったりすることに、喜びを感じるのではないかと、分析してみたこともあります。

 

お分かりだとは思いますが、自分自身でさえ思うままにならないのに、他人を思い描いた通りに動かすなんて、とてもできることではありません。

 

でも、コントロール欲の強いタイプであれば、次はああしてみよう、こういうプランはどうだろう…と、考えることも喜びでしょう。

 

初めは上手くいったとしても、子どもだってバカじゃありません。

策士策に溺れる、という言葉のように、結局は周囲から反感を買うばかりになってしまうのが心配です。

 

トラブルは当事者に任せる。

トラブルのような波風は、無いなら無いにこしたことは無い。

 

こんな当たり前のことを大切にしたいと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に