お子さんの心を本当に満たす「イベント」とは…

何もない、イベントもない、普通の毎日こそが、大切。

 

 

私の勤める学校では、2年生になると、毎日の日記が宿題として出されます。

私自身、子どもの頃、先生からのお返事が楽しみで、特に低学年の時は、ワクワクして書いていたことも覚えています。

 

とはいえ、毎日のこととなると、苦しいのも当然です。

何が苦しいか…

それは、ネタがないことです。

 

「今日は、何もなかったからなぁ〜」

 

本当でしょうか?

朝、目が覚めてから、全く何もしなかったわけはないですし、目が覚める前には、夢を見ていたかもしれません。必ず、何かはあったはずです。

 

「自分としては、特に面白かったり、珍しかったりしたことは、なかったなぁ〜」

 

というのが、正しい表現なのかもしれません。

 

それは、そうですよね。

そうそう、毎日、毎日、目新しいことやイベントがあるわけありません。

むしろ、そんな目立つことなんて、ないのが素敵なのではないかと感じます。

 

家族や友達との何気無い会話を思い出し、学校の行き帰りの道で見つけたこと、気づいたことを思い出し、友達や先生の言葉や態度で感じたことを思い出し…

 

そんなところにこそ、本当に心を打つ、心に残る出来事・トピックがあるように思います。

 

かつて、ケーキを食べるなんて、お誕生日やクリスマス、こどもの日など、年に数回だった、と言います。

 

毎日は平凡で、単調で、食卓も地味だった。でも、それが当たり前で、だからこそ、年に数回のケーキのある日が特別だったのですね。

 

今となっては、ケーキも安くなり、ちょっとしたおやつとして当たり前に用意することも可能になり、食卓には目をひく豪華な食材を並べることもしやすくなっていると思います。

 

そうだとしても、

「今日は、何もなかったなぁ」

という、つまらなさそうなお子さんの言葉に、

「それは、よかったね!」

と言葉を返したいものです。(もちろん、嫌味ではなく…)

 

私のこのブログも、同じかもしれません。

 

以前、あるクラスを担任していた時、子どもにこんなことを言われました。

 

「先生はいいなぁ、日記、書かなくていいんだから」

 

私は、すかさず答えました。

 

「まあね。私は毎日、書いているけどね」

 

その時は、もうこのブログを書いていたので、そう答えたのでした。

すると、別の子が、

 

「あ〜知ってる。ウチのお母さん、毎日読んでるよ」

 

と言ってくれたので、恥ずかしさと申し訳なさを感じつつも、やはり、一人でも、いつも読んでくださる方がいてくれることのありがたさを感じたのをよく覚えています。

 

この手のブログには、

・読み手を特定の一人、というぐらいに絞って、

・その読み手が、感謝するような役立つことを書いて…

など、たくさん読まれるコツやヒントがあります。

 

実際、私もそういうことを意識して書くこともあるのですが、特に最近は、私自身が自然と思ったこと、心に残ったことをサラリと書くことにしています。

 

何もない、イベントもない、普通の毎日こそが大切なのですから、「お役立ち情報の提供者」ではないかもしれませんが、まず私が、肩の力を抜いて、日々の思うことを書いていこうと思います。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に