すし店でのわさび大盛り提供問題に思う、言葉かけの大切さ

大阪にあるすし店で、外国人客に多めのわさびを提供していたことで、外国人に対する嫌がらせや差別ではないか、という騒ぎがおきました。(詳細は、こちら

 

運営会社は、嫌がらせや差別などの意図は全くなかった、という謝罪をしています。

それでも、

 

・外国人客に「だけ」

・外国人客には「自動的に」

 

ということで、嫌がらせや差別だと言われてしまうような隙があった、といえるように思います。

 

外国人客が、日本人の一般的な分量以上にわさびを求める話は、私も聞いたことがあります。

 

ですから、仕事の手間を減らすためにでも、サービスとしてでも、わさびを増やすことはいいのでしょうが、上記のように、

 

・特定の人、グループにだけ

・事前の確認なく、勝手に

 

ということで、不満や怒りを感じる人も出てしまいます。

面倒でも、一言、声をかけていれば、むしろ、気の利く店として、評価されたかもしれません。

 

もちろん、どんな言い訳をしても、従業員の中に、嫌がらせや差別をしようという気持ちがあったなら、いずれ伝わってしまうでしょうから、このような騒ぎにも発展したとは思いますが、会社側のコメントだけを考えるなら、惜しいな、と感じました。

 

このようなことは、学校でもたくさん起こります。

むしろ、このようなことばかり、このようなことで、大きなトラブルになると言ってもいいぐらいです。

 

つい先日も、ケンカがあり、騒ぎになってしまいました。

聞いてみると、ある男の子が、からかわれた!と腹を立てて、別の男の子につかみかかったのだそうです。

 

聞いてみると、つかみかかられた男の子が、無断で本を戻してしまい、怒ってしまった男の子は、取られた!と感じてしまったようです。

 

こういう行き違いは、本当によくあります。

この行き違いを話し合い、納得できると、逆に仲良くなれるきっかけになることもあるのです。

 

「本、片づけとくよ」

とか、

「本、片づけようか?」

などと、一声かければ…

 

あるいは、

「あれ?本、どうしたっけ?」

などと、ワンクッション置いていれば…

 

今回のすし店のトラブルのようなことは、ご家庭でも起こる可能性があると思います。

これを題材に、どうすればいい会話になるか、親子で考えてみてはいかがでしょうか?

 

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に