お子さんの才能を活かすヒントは、どこにあるかご存知ですか?

嫌いなもの、嫌なこと、気にいらない人…

その中に、大きなヒントがある。

 

 

私は、

「むさしの学園小学校の母親を変える教室」

という本を書きました。

 

お母さんに向けて、お子さんのプレッシャーを取り除き、お子さんの毎日をイキイキしたものにするためのコミュニケーションのヒントを書いた本です。

 

現役の小学校教師で、お母さん向けの活動をしているというのがとても珍しい、ということで、お話をいただくことになったのですが、そもそも、

 

・コミュニケーション

・お母さん(保護者)

 

という2つの切り口とも、私にとって、苦手なものでした。

 

子ども達が学校で過ごしていれば、けがやケンカは、当然起こります。

早く電話したり、報告したり、手を打てば、大きなことにならないのに、言いづらいがために、連絡が遅れて、不信を招くことになったり…

 

子どもは子どもなりに、思いや事情があるのに、私の気持ちや状況を押し付けて、やる気をそいでしまったり…

 

と、私にとって、失敗ばかりの領域です。

 

だからこそ、なのでしょう。

あえて努力しようとした意識はないのですが、

 

・どうすればいいか

・こうやったらどうだろうか

 

などなど、試行錯誤を繰り返していたようです。

気づいたら、自分なりの工夫ができていました。

(もちろん、今でも、失敗もしています。スミマセン…)

 

嫌いなもの、嫌なこと、気に入らない人…

 

考えるのもウンザリですが、そこに向き合ってみると、思いもよらないヒントや宝物があるようです。

 

向き合うというのは、直接かかわる、ということとは限りません。

どうしても、嫌な人がいるなら、かかわらずに逃げているというのも一つです。

 

が、どういうところが嫌なのか、をアレコレ考えてみるのも、向き合うことになります。

 

さて、最後にもう1つ、私が嫌いなものをご紹介します。

それは、

「ハチ」

です。

 

刺されたこともないのですが、どうも、あれは苦手です。

教室にいると、時々、入ってくるのですが、できれば、締め切って逃げ出したいものです。

 

まあ、子ども達の安全を預かっている以上、刺激しないように、そっと外にお帰りいただいたり、最悪は、ハチ用殺虫剤を必要以上に噴霧したりするのですが、先日は、図書室に2匹もスズメバチが入ってしまい、とても困りました。

 

殺虫剤をふきつけて、処理した後、今日のテーマをふと、思い出し、

 

「ハチの研究をしてみよう」

 

と、ハチの図鑑を2冊注文してしまいました。

 

まだ1冊しか届いていないのですが、これが、なかなか面白い。

数年後、ハチの子育てと人間の子育てについて、本を出しているかもしれません。

 

嫌いなもの、嫌なこと、気にいらない人の中には、きっと、役に立つヒントが入っています。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に