水戸黄門の印籠に思う、お母さんだからできる当たり前がお子さんを安心させること。

身近なもの、当たり前のことに感謝する大切さ。

 

まさに、当たり前のことだけど、つい忘れてしまう。

 

今朝、少し早く学校についてしまったので、何を思ったか、野川公園というところを散歩してみました。

 

ご存知の方は、想像できたと思いますが、もともと、ICUのゴルフ場だったところで、芝生の広場がある一方で、林と言えるほど大きくはないにせよ、木々も多い公園です。

 

わたしの勤める学校では、週に1回、野川の時間というのがあり、遊びに出かけています。

 

その授業(?)のことは、また機会を改めるとして、つまり、私にとって野川公園は、いつもの、当たり前の素敵な公園です。

 

が、朝の6時頃にウロウロしたことは、全くなく、とても新鮮でした。

昨日までの雨が土にしみこんでいたことで、少し靄がかかったようなところに、朝日が木々をぬって差し込んでいる景色。

 

わたしの文章力では、わたしの感じた素晴らしさを表現できず、もどかしいのですが、すばらしいものでした。

 

そして、それを職場について、同僚に話した時です。

「あ、これって本当に幸せなことだな」

と感じました。

 

出勤途中、ちょっと早く着いたから、遠回りしてみた。

そこで見た景色が素晴らしかった。

それを同僚に話せた。

 

何のことはないことです。

でも、それを何の気負いも、緊張感もなく、自然と言える関係がある、ということは、当たり前のようで、当たり前でないな、と感じたのでした。

 

子ども達が、学校や幼稚園、習い事などで経験したこと、楽しいこと、うれしいこと、もちろん、悲しいこと、嫌なこと…

 

お母さんと話せる。

お父さんに言える。

兄弟姉妹とバカにしあえる。

 

それって、当たり前と簡単に言って軽視してはならない、とても価値のあることです。

 

「もう、ウチの子のワンパターン話には飽き飽きです~」

 

だとしても、ワンパターン話をして、ワンパターンの反応があるのだとしても、水戸黄門をみて、最後の印籠で安心できるように、お母さんのワンパターンの反応がお子さんを安心させてくれるのです。

 

今日は、あらためて、当たり前の会話の価値を感じました。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に