お母さん、知っていますか?お子さんのために1日何時間ぐらい笑っていなくてはいけないか?

子どもの笑顔を増やすヒント

これは、もしかしたら、本当に難しいことかもしれません。

お子さんの笑顔を本当に増やしたければ、身近な大人が笑顔でいることです。

中でもお母さんの影響力は他と比べることなどできません。

子どもたちが長い時間を過ごす学校という環境で、私たち教師や友達から受ける影響も大きいと思います。

が、お母さんのパワーに比べれば、足元にも及びません。

お子さんの笑顔を増やしたければ、お母さんが笑っている。

とてもシンプルなんですね。

ところが、意外とこれは難しい。
なぜなら、毎日の生活は、ニコニコしていられないことだって、たくさんあるからです。

身近なところで不幸があったり、テレビなどで胸を痛める出来事があった時、ニコニコしているのは、おかしいです。

腹が立つことがあって当然です。

まぁ、言ってしまえば、達観してしまえば、すべてはうまくいっている。笑っていていい。ということなのでしょうが、逆にそこまで悟られてしまうと、お子さんの感情の波がなくなり過ぎるでしょう。

そこで、1日のうち、どれくらい笑顔でいればいいかを考えてみました。

私からのオススメは5時間です。
もちろん、笑いっぱなしではありません。
何となく機嫌よく過ごす時間という意味で考えてください。

これは、24時間の2割という計算で出しました。
笑顔が大事なことは、おそらくほとんどの方がわかっていらっしゃると思います。

だから、
「今日こそは笑おう!今日こそは何をやられても怒るまい」
と、決心するのですね。

ところが、2時間もしないうちに挫折する。
怒鳴りはしないまでも、不機嫌な自分に気づく…
そして、また自己嫌悪…

これは、ハードルが高すぎるからだと思うのです。
このブログでも、前に書いたことがありますが、何年か前のある午後、ある男の子が、
「あ〜先生、今日、初めて笑った〜」
と言ったのです。

子どもは大人の機嫌に敏感です。
ちょっとした笑顔だけでも、そう声をかけられるのです。

そんなにずっとご機嫌でいなくても大丈夫です。
1日のうち2割だけ、ご機嫌で、笑顔を多くするだけで、お子さんの気持ちも明るくなります。

腹八分目ではなく、笑顔二分目ですね。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に