お子さんの自立を促す、単純にして明快な質問とは…

子どもの自立を促す、一番の質問は、「どうするか」

 

私たちは、自分のアタマ(ココロ)の中で自問自答を繰り返しています。

 

(さてさて、そろそろ起きるか…いや、まだ5分いけるか?いや、これで昨日、電車に乗り遅れたんだよな…っていうか、乗り遅れても間に合ったし…)

 

こんなココロの独り言を毎朝のようにしている方もいらっしゃるでしょう。

 

こんな自分との会話は、ふと気づくと、

(あ〜なんで、こんなことをしちゃったんだろう…)

(あ〜どうして、あんなことを言っちゃったんだろう…)

と、

(なんで)

(どうして)

という理由探しを始めてしまいます。

 

これは理由・原因を見つけて、次に活かす、という耳に聞こえのいい表現で、犯人探しをしていることにつながっています。

 

(なんで、あの人は、あんな言い方しかできないんだろう…)

というココロの独り言なら、「あの人」を責めています。

 

(どうして、私って、いつも素直になれないんだろう…)

この場合は、「ワタシ」を責めています。

 

小学校教師として、子ども達と過ごしてきて、そして、お母さん方の話を伺ってきて、いつも他人を責めているあの子やあの人も、自分自身を責めていると、私には感じられます。

 

まあ、そう感じる私も、自分を責めている、ということにもなるのでしょうが…

 

だからこそ、私は、

「どうするか」(これから)

を考えるように、努めています。

 

そして、子ども達にも、こんなことを聞きます。

「じゃ、どうする?」

 

これは、単刀直入にして、単純明快な質問です。

ところが、意外と、大人はこの質問を子どもにしません。

 

・こうさせたい

・あんな風にしたい

・こうに決まっている

・あんな風になってほしくない

 

などなど、希望や憶測が入ってしまうので、質問が誘導的になってしまいます。

あるいは、怒りや不安をぶつけるための質問を投げつけることもあるでしょう。

 

感情的になるのは当然のことなので、そのことを責めたり、後悔したりする必要は、まっったくないのですが、大事なことは責任追及、責めることではありません。

 

「じゃ、どうする?」

 

という短い質問を積み重ねることが、一番、お子さんの自立心を育てることなのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に