お子さんに、いろいろ失敗を指摘されて悔しいお母さんへの言い返す言葉のヒント

9月病問題は、お母さんの失敗に使えますよ。

 

 

去年の記事ではありますが、9月病について、興味深い記事がありました。

「働く男女の40.9%が『9月病』を実感」

 

4割を超える人が、9月に心の重さや不調を感じるのですね。

これほど多くの人の調子が悪いとなると、9月は多くの会社で、課題が生じているのかもしれません。

 

〜月病といえば、5月病が有名ではありますが、9月は季節の変わり目で、秋に向かって涼しくなりやすく、体調という面からも元気を失ってしまうようです。

 

小学校教師としての、私個人の経験としては、子どもは1ヶ月後、つまり、6月や10月に元気を失うことがあるので要注意、と思っています。

 

5月や9月を乗り越えた〜

と思って気をぬくと、翌月に学校に行き渋るようになった、などということがあるのです。

 

10月病については、all about news digに掲載されたコラム(「小学校の先生が指摘する『9月病も重要ですが、10月病も意識してほしい」)をご覧いただくとして、今日は少し違った観点で、〜月病について考えてみます。

 

冒頭にご紹介した記事(「働く男女の40.9%が『9月病』を実感」)では、9月、10月、11月のそれぞれについて、ストレスを感じる人の割合を掲載しており、9月が10月・11月よりも10ポイントほど、高かったと紹介しています。

 

ところが、記事の前半には、驚きの内容が載っていました。

 

以下引用

 

10代以上の男女に、ストレスを感じるシーズンを聞いたところ「夏(6~8月)」(53.8%)が最も多く、次いで「春(3~5月)」(46.1%)、「冬(12~2月)」(45.7%)と続き、「秋(9~11月)」(35.2%)は最も低い季節となった。

 

引用終わり

 

え?

ということは、秋が一番、ストレスがない?

 

にもかかわらず、9月病をクローズアップするのは、大して意味がないと思ってしまいました。

 

子どもの頃、8月31日に、翌日から始まる学校を思うと、ワクワクするような、ガッカリするような不思議な感覚になっていたものですが、やはり、開放的な夏・長い休みが終わるというのは、とても寂しいもの。

 

そして、秋は何となく、物寂しく、暗くなるのが早くなると、気分も重くなったような気がします。

 

でも、四季の中で、秋のストレスが一番低い、というのなら、すべては思い込み、あるいは言い方なのではないかと思ったのです。

 

それに、毎月、毎月、暑いだ、寒いだ、移動があっただ、取引先から無理を言われただ、ストレスのタネは尽きません。

 

 

毎月、〜月病と言うことができそうです。

 

お子さんに、

「お母さん、しっかりしてよ!」

などと言われた時には、

 

「〜月病だから、仕方ないのよ」

 

と答えるといいかもしれません。

が、使いすぎると、同じ言葉がお子さんから返ってくるでしょう。

まあ、そうなったら、

 

「毎月、毎月、理由はあるんだから、いいのよ」

とでも、言って、笑い飛ばすぐらいがいいと感じます。

 

そんな笑いが、親子の心のスペースを作るのではないでしょうか。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に