マジメなお母さんへのメッセージ…お子さんに大らかに接するために、気にして欲しいこと

お母さんが、お子さんに大らかに接することができるために、気にして欲しいこと。

何から何まで、自分でさせようとする必要はない。
初めの20パーセントは、どんどん手伝う。

「腹八分目」で十分!
「八」は、末広がりで、縁起がいい。
80点でいい、ということは、諦めではなく、次に向かうために余力を残すこと。


私は、ほとんど毎日、お母さん方のお話を伺う機会があります。

みなさん、本当に熱心で、一生懸命で、頭が下がります。

その中で、時々、ある話が、
「子どもに大らかで、いつもニコニコしていたい」
ということです。

今日こそは!
と決めていても、夕方には、イライラしている自分に気づき、またイライラ…

そんなことも多いとか。
子どもって、あえて気持ちを逆なでするようなことを言ったり、やったりすることも多いと思います。

だから、いくら覚悟を決めても、イライラして当然ですね。

さて、そうは言っても、何とかしたい…
ならば、八分目を目指す、ということをオススメします。

子ども達が何かをしなかったり、いい加減にしたりすることは、教室でもあり得ることです。

宿題をやらなかったり、わざと力を抜いて取り組んだり、お母さんや教師たちならずとも、喝を入れたくなることは、ままあります。

そんな時、私はまさに喝を入れてきました。
それも大切なことではあったのですが、ある時、
「本当はやりたいけど、やれない不安の裏返しなんだ!」
と気づいたのでした。

本当に怠けているなら…
あるいは、先生やお母さんに怒ってもらうというキッカケが欲しいなら…
喝も効果的ですが、不安があって取り組めないなら、喝は逆効果です。

そこで、私は、
「できなくても大丈夫。後で教えるから」
とか、
「初めの何問か、一緒にやろうか?」
とか、
「無理しなくていいよ」
とか、そんな言葉をかけるようにしてきました。

つまり、
・どんなに難しい問題でも、まず、自分で取り組む、という強い心を育てたい!
・多少、難しいとしても、アレコレ悩んで、少しでも自力でできることを増やしたい!

などの目標から、
「やり始めは、しっかり手伝うから大丈夫」
と、スタートの20パーセントは、できなくてもいいよ、と認めたということです。

私は、初め、そんなことは過保護で、自分から取り組めず、誰かに甘えることが当然の子になってしまうのでは?
と心配していました。

が、ほとんどの場合、それは杞憂でした。
初めこそ、一緒にやってもらいたがっていた子も、すぐに、
「もう大丈夫。自分でやるから」
と言い出しました。

1から10まで、全部、手伝う必要ありません。
初めの1と2だけ、できなくてもいい、と認めるだけで、子どもにかかるプレッシャーが、ずいぶん下がります。

そして、お母さん自身が、心からそう思ってくださったなら、お母さんの心にも20パーセントのスキマができます。

その20パーセントのスキマが、イライラを減らし、少し長い目で、必要なことを考えられることにつながるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に