「恥ずかしさ」を乗り越える秘訣とは…

「恥ずかしい…」

何かができなくて、恥ずかしい。

何かを持っていなくて、恥ずかしい。

何かをしてしまって、恥ずかしい。

 

恥ずかしさを乗り越える秘訣とは、それを「素晴らしい」と認めること。

 

 

私は最近、すっかりポケモンにハマっています。

そんなわけで、毎日の記事の中でも、ポケモンの話が多くなっているのですが、今日、井の頭公園に出かけ、気づいたのが、

「恥ずかしい」

という気持ちでした。

 

何が恥ずかしいか。

 

今日の場合、午前10時半ぐらいに井の頭公園に着いたのですが、当たり前ですが、明るいわけです。

この明るさで、職場にも近い吉祥寺という土地柄、誰かに見られる可能性も十分にあります。

 

実際、夏休みの終わりには、ポケモンを1匹捕まえて、さ、次に向かおう、というところで、とある子に会ってしまい、ちょっと恥ずかしい思いをしました。

 

そうです。

やはり、

「恥ずかしい」

と思ったのです。

 

では、夜ならどうでしょう。

どうも井の頭公園の場合、仕事帰りの人が集まりやすいからか、夜の方が人出が多いのです。

 

夜なら、子どもに会う可能性は低いですし、そもそも、よく見えません。

それなら恥ずかしくないか。

 

いや、やはり恥ずかしいのです。

「薄暗い井の頭公園の特定の場所で、老若男女が、皆一様にうつむいてスマホやらタブレットやらに夢中になっている、この異様なことに自分も夢中になっているなんて…」

 

一言で言えば、自意識過剰です。

 

ポケモンなら自意識過剰で終わりますが、この「恥ずかしい」という気持ちは、子ども達の心理を考える上で、重要です。

 

クラスで友達とのトラブルが起きたり、ちょっと難しいこと、新しいことに挑戦したりする時、「恥ずかしい」という気持ちがハードルを高くします。

 

・どうせあの子は、私のことを嫌ってる。

→「嫌われてしまう私なんて、恥ずかしい」

 

・アイツみたいに、明るく、ワイワイ人気者になんて、私はなれない。

→「あんな風にできない私なんて、恥ずかしい」

 

・この新しい単元は、難しい。

→「できない私を見られたら、恥ずかしい」

 

などなど、ダメな自分をさらけ出してしまうことが頭に浮かぶと、

「恥ずかしい」

気持ちになるわけです。

 

いや、より正確には、人にさらけ出すよりも、

「自分でダメな自分に直面したくない」

から、恥ずかしい気持ちになります。

 

ですから、お子さんが、

「恥ずかしい」

という気持ちになっているなら、

「そんな、あなたが素晴らしい」

という方向性で、励ますことが必要です。

 

・知り合いに見られたとしても、ポケモンに夢中になっている私って、なんだかいい感じ。

・あの子に嫌われていたとしても、そんなのよくあることで、大丈夫。

などなど、まず、現状を認めることが、恥ずかしさを乗り越える秘訣です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に