お母さんの言いたいことがお子さんに伝わる、大切なコツ

お母さんの言いたいことがお子さんに伝わる、大切なコツ

それは、

ゆっくり話すこと。


先日、iPhone7が発表されました。
発表の日、私はソファで寝てしまっていて、夜中の1時半に目が覚めました。

おやおや…
発表は2時からだったな…
と思い、つい中継を見てしまいました。

初めは、マリオやら、ポケモンやら、ソフトの話だったのですが、ハッキリ言って、私には、話の3割もわかりませんでした。

ところが、途中、いろいろな人たちが共同で、リアルタイムにプレゼン資料を作れるソフトウェアの話を担当の女の人が始めた時、あら不思議!ほとんど理解できるのです。

プレゼン資料が映し出されていたから、ということがあるにせよ、彼女の話は、本当に聞きやすかった。

それは、話のペースがゆっくりで、ハキハキしていたからなんだと思います。

その後、誰だかわからない、社長だか副社長だかの話も、聴きやすくなりました。

ああいう人も緊張するのでしょうか?途中から話がゆっくり、ハキハキしてきたのかもしれません。

私の耳が慣れてきたからかもしれません。知っている製品のプレゼンだったからかもしれません。

いずれにせよ、彼女の話を聞きながら、ゆっくり話すことの大切さを痛感しました。

お子さんに伝えたいことがある時は、多くの場合、興奮しています。

「今日の夕飯は、何がいい?」

なんて平和な話をする時、緊張して早口になるとしたら、料理に自信がないか、高級食材をリクエストされたくない時かもしれません…

「ねぇ、先生から電話があったんだけど、何か覚えはある?」

なんて時は、初めこそ、ゆっくり話していても、次第に早口になり、おまけに声が高くなっていってしまいがちです。

こういう時こそ、
・ゆっくり
・短く
・低い声で
が大事です。

ジャパネットの前の社長さんの声が高いのは、売るために見ている人の気持ちを盛り上げるためです。

大切な話をしている時、お互いに興奮する必要はありませんね。

クラスで何かあった時こそ、私は黙って、黒板の前で、じっとしています。

それだけで、子どもたちは、
さ、何かあったな…
とわかります。

肝心なことは、その落ち着きをキープすることです。

大切な話こそ、
・ゆっくり
・短く
・低い声で

私のオススメです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に