要注意!温かい言葉も、人を傷つける。

温かい言葉が人を傷つけることがあるなんて…
あえて言葉をかけないで、待つことも価値がある。


「いつもありがとうございます!」
と、にこやかに声をかけてもらうことで、本当に明るい気持ちになれます。

今朝も、例によって入ったスタバで、気持ちいい声をかけてもらいました。

席について、ふと思ったことは、
「いつもありがとうございます!」
と言われて、恥ずかしかったり、責められたりしている気がすることもあるなぁ、ということでした。

2学期が始まったことで、私の始業時刻が遅くなり、出勤前にスタバに寄ることもしやすくなったのですが、そうなると、毎朝のように顔を出すことになります。

スタバに限らず、あんまり通いつめると、何だか恥ずかしいような気がする…

共感してくださる方もいらっしゃると思います。

それは、どういう気持ちから来るのでしょう…

・毎朝来ては、ドリップコーヒーしか頼まないなんて、ケチ!

・こんなに毎朝来るなんて、ヒマだなぁ…まともな仕事してないんじゃない?

・よくこんなに来るよね、お金いくらあっても足りないよね…

そんなふうに思われているのだろうか!?

ちなみに、卒業生の中にも、スタバでアルバイトをしている子が何人かいるのですが、彼女達に聞いてみると、いつも来る人って、お金がかかるのに、スゴい、というようなことを言っていました。

私も、学生時代、アルバイトをしていました。
常連さんを見かけ、
「いつもありがとうございます!」
と、自分が声をかけていたのです。

その時、少なくとも私は、その人のことを何とも思っていませんでした。

ヒマだなぁとか、お金持ちだなぁとか、そんなことを考えていた記憶もありません。

逆に、時々しか来ないクセに、ヘンなことを言う人は、面倒だなぁと思ったことはありました…

まぁ、私が本当のところ、どう思われているわかりませんが、普通に考えれば、何とも思われていないのですよね。

よく来る人だから、いつも〜と声をかける。
それだけのことです。

なのに、言われた方は、
・責められている
・バカにされている
・とがめられている
と感じる。

それは、その人が、自分のことを
・責めている
・バカにしている
・とがめている
から、なのでしょう。

クラスでも、同じようなことは、本当によくあります。
友達同士のトラブルのうち、勝手な勘違い、解釈がどんどん広がって、こじれることがあります。

そんな時、大人はもちろん、当事者同士でも、温かい言葉が、かえって人を傷つけてしまうことがあります。

温かい言葉が人を傷つけることがある。

その事実も、頭の片隅に置いておきたいものです。
温かい言葉は、気持ちが温まるのを待ってからでも、遅くはないようです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に