頼りになるお母さんは、ココが違う!

自分が好きだと思っていることは、本当は好きとは限らない。

それを当たり前だと思っておいてもらえると、お子さんはお母さんを頼りにできる。


今年の夏休みは、沖縄に行く機会がありました。
今までになく、3泊もできたことで、本当に気持ちのリフレッシュができました。


ところが、体調は今一つ、指には不思議なデキモノができて痛い、口内炎が3つも…


ちょっと長い旅の終わりにはそういうこともあるとは思います。
が、私は、ふと思ってしまいました。


もしかして、私は旅行が苦手!?
あんなに好きな旅行が、実は苦手?


趣味は何ですか?と聞かれれば、まず旅行と答えるような私でしたが、今回の沖縄旅行は、自分にとって当たり前のことが、実は自分で思い込もうとしているだけなのではないか、と思うきっかけになりました。


今でも、表面的な意識としては、旅行が大好きです。
次は、あそこに行きたい、その次は…
と、国内、国外問わず、いくらでも思いつくのです。


でも、もしかしたら、私は旅行が好きじゃないのかもしれない、という気づきは、私にとっての当たり前をひっくり返す、とてつもなく大きい衝撃的なものでした。


お子さんも、あれが好き、これが嫌いと、いろいろな好みがあると思います。
きっと、お母さんにもあるでしょう。
が、もしかしたら、それは自分の思い込みかもしれない、という考え方は、固くなった心を柔らかくする、そして可能性を広げます。


「あの子、大好きなんだ」
というお子さんに対して、
「本当は嫌いかもよ」
などと、口に出して言う必要はありませんが、何かの拍子に、ケンカ別れしたとしても、驚かずにドッシリ話を聞いてあげることができます。


逆に言うと、
「あんな先生、大嫌いだ!」
というお子さんに対して、
「でも、いいところもありそうよ」
などと、口に出して言う必要はありませんが、何かの拍子に、急に信頼関係があったことに気づいたとしても、驚かずにドッシリとしていられます。


「これが私の信念!」
という、何か核になるものがお母さんにあると、お子さんは安定しやすいと思います。

それに加えて、

「その信念がガラッと変わることもある」

という、さらに広い心持ちでお母さんがいてくれると、お子さんは、どんな困りごとでも、お母さんのおかげで安心できるのです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に