お子さんに対してガミガミしたくない、と思っているお母さんへのメッセージ

肩に力を入れて、ガミガミやっても、

肩の力を抜いて、ユルユルやっても、

同じ。

 

 

恐ろしいことですが、子ども相手に何かをさせよう、躾けようとする時、ガミガミやっても、ユルユルやっても、結果には差がないのです。

 

ガミガミやることで、子どもに気合が入り、集中することも大いにありますが、

「はあ、どうせボク(ワタシ)は、言われてもできないんだ」

と、自信を失ってしまうことも大いにあります。

 

ユルユルやることで、子どもが緩んでしまい、サボり癖をつけてしまうことも大いにありますが、

「そうか。できなくても大丈夫。気楽にやってみよう」

と、自分から始めることも大いにあります。

 

じゃあ、どっち!?

 

おそらく、どっちでもいいのでしょう。

どっちを選ぶかは、あなたの問題なのです。

 

私は、基本的にはユルユルやることを選びました。

もちろん、ガミガミやることもあるのですが、ガミガミ、怖さやプレッシャーをかけることで子どもを動かすことは、すっかりやめました。

 

初めは、ガミガミやることが先生という仕事だと思っていました。

これが、私には本当に苦しかった。

苦しい…

より正確に言うなら、自分らしくない、という感覚かもしれません。

 

私の勤める学校では、習うより慣れろ、の精神があり、問題量なども、数多く取り組ませます。

 

すると、途中で投げ出したくなったり、始めようとしなかったりすることもあります。

そんな時、

 

「ほら、ダメだ!やるんだ!」

というハッパもいいのですが、ある時、黙って横で座ってみたことがあります。

 

「ほら、早く」

と今にも言いそうになるのをこらえて、黙って座っていました。

 

すると、自然に始める、という経験を何度もしました。

隣で座るということも、ある意味ではプレッシャーではありますが、このような経験をしてからは、子どもたちの多くは、本当はやりたいけど、色々な理由や事情で、取り組めないだけなんだな、と思うようになりました。ならば、私の仕事は、励ますことです。

 

これは私の事例です。

 

全く逆の経験から、ガミガミ言うことが、実に自分に合っていた、というお母さんだって、少なからずいるはずです。

 

ガミガミやっても、ユルユルやっても、どちらでもいいので、迷ったり、悩んだりせず、落ち着いてお子さんの横に座ることが大事です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に