お子さんとの関係をスムーズにする言葉のヒントとは…

子どもとの関係をスムーズにするコツ。

結局、言うしかない。

 

 

親子関係は、最も濃い人間関係だと思います。

特にお母さんとの関係はそうです。

 

ということで、濃いがために、ギクシャクすると、本当に大変だとも思います。

まあ、私自身、まだ母が健在ということもあり、大変さは感じるところです。

 

担任をしていても、お母さん方から、

「どうしたら、子どもとの会話がスムーズになるでしょう」

とか、あるいは、

「私の母と折り合いが悪くて、会うのが億劫なんです」

なんていう話を伺うことも、決して少なくはありません。

 

これは母子関係、親子関係に限ったことではないと思いますが、関係をスムーズにする一番のコツは、結局、思っていることを言うことだと感じます。

 

・教師として、子どもに伝えたいことがある時、さあ、どう伝えようかと迷う。

・放課後預かりの現場責任者として、スタッフに改善したいことがあるんだが、どうしようか迷う。

・同僚として、仕事で大切にしたほうがいいことをどう伝えれば、波風が立たないか迷う。

 

どういうケースでも、言いたいことを言ってしまった後、関係を悪くしたくない、という思いが自然な会話を妨げます。

 

いや、もっと深く考えれば、関係を悪くしたくない、ということは、はっきり言って、

「嫌われたくない」

ということなのです。

 

そう考えた時、私は、ある当たり前のことを再認識しました。

 

「あ、どうせ、もう嫌われてるんだ」

 

これは自分を卑下してそう思っているわけではないのです。

嫌われたって、別にいいじゃない、ということなのです。

 

人に嫌われたくないとは、もちろん思います。

が、言いたいことを言っても言わなくても、したいことをしてもしなくても、他人は私のことをその人の都合で判断します。

 

ある人の判断に合わせれば、また別の人の判断からは嫌われますし、その人に合わせれば、さらに別の人から…とキリがないのです。

 

冒頭に書いたように、親子関係は特別です。

だからこそ、職場では部下に言いたいことをはっきり言えても、子どもには言えない、ということがあるかもしれません。

 

それも当然のことではありますが、親子関係は特別である以上、子どもは親の、特にお母さんの本音には敏感ですから、どうせバレています。

 

何を言ったって、嫌われはしません。

関係を良くするために、思っていることを、はっきり言ってみることが、一番のヒントです。

 

言ってみた後、お子さんからの返答や反応は期待通りとは限りません。

が、まずは本音を言ってみる。

それが、大切です。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に