長い二学期も、お母さんのホイップクリームがあれば、お子さんは乗り越えられる。

過去、最大のホイップクリームに思う、起きてしまった出来事に感謝する大切さ。


二学期が始まりました。

もう、始まっていたよ、という方もいらっしゃるでしょうが、まだ多数派は、今日からのようです。
今年の私は、放課後の預かりを中心に、クラスの補助と広報を担当しています。


ということで、私にとっては、昨日までの夏休みが一年で最大の仕事シーズンとも言え、新学期になって、ちょっと一息つける、というところです。


そこで、朝は久しぶりにスタバで、コーヒーをいただきつつ、お気に入りのアメリカンワッフルをお願いしました。ホイップクリーム添えで、とお願いすると、出てきたのが、今日の写真の状態です。
間違いなく、過去最大。


日によって、人によって、バラツキがあるのは当然ですが、それにしても、今まで、見たこともない分量です。ワッフルよりクリームの面積が大きいぐらいです。バランスよくいただくのが難しいほどでした。


まず思い浮かんだのが、コレステロールだか、中世脂肪だか、そんなデータのことでした。要は罪悪感です。
「こんなに食べて、いいの!?」


ところが、もし、ホイップクリームが少なかったら、きっと、こう思ったと思うんです。
「あ〜こんなに少ない。ついてないなぁ…」
もしかしたら、
「まったく、人を見て、減らしたのかな…」
ぐらいに、思ってしまったかもしれません。


そんなことを巨大ホイップクリームの山を見ていて、思っていましたが、次に思い出したのが、ハワイで食べた山盛りホイップクリームのパンケーキでした。


そういうホイップクリーム山盛りパンケーキは、ハワイの人たちは食べず、あくまで、「ご褒美」を求める観光客向けのパンケーキだそうですね。


ということで、私の目の前にあるホイップクリーム山盛りワッフルは、夏休みおつかれさまで、店員さんがプレゼントしてくれた「ご褒美」という気がしてきました。


ありきたりの話になりますが、やはり、目の前に起きた出来事に、どんな意味をつけるか、解釈をするかは、とても重要だと、再認識しました。


著書やブログで、繰り返し書いていますが、同じようなトラブル、出来事に遭っても、本当に笑っている子と、ドンドン、悲劇のヒーロー(?)・ヒロインになっていこうとする子がいます。


知らぬが花とも、いいますが、出来事にマイナスの意味合いをつけるクセのある人は、いろいろなことを知らない方が、よほどトクです。


私自身は、出来事にマイナスの意味合いをつける生き方をしてきましたし、今でも、まだまだしてしまうのですが、こういうのも、練習かな、習慣かな、と感じます。


二学期スタートを山盛りホイップクリームが後押ししてくれたような気がします。


長い二学期は、いろいろなことがあると思いますが、お母さんなら、山盛りホイップクリームを実際も、心の面でも、お子さんに出してあげられるのではありませんか?

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に