本当に大切なのは、心の底からの満足

え?ウソ!?

ウチの子、ゲームやらなくなった…

 

ということが起こるヒント

 

死ぬほど、やらせてみる。

 

 

「あ〜そういうことですか…そんなことしたら、本当に死ぬまでやりますよ、ウチの子は。」

 

〜ですよね。そりゃ、そうですよね。あんなにやらせてあげたのに、全然、満足なんて、しなかったですもんね。もう、イライラしていることをひた隠しにして、言うまい、言うまいと、何度も自分に語りかけ、見るまい、見るまいと、あえて買い物に出かけ、帰ってみたらゲームをやめて、宿題やってたら最高なのに、とわずかな期待を持ちながら、ドアを開けてみれば、あのゲームの音…もう、こんな絶望はしたくない…

 

ご家庭に限らず、学校だって、子どもの気持ちを切り替えさせることは、とても大事なことです。

 

「学校」という社会的な場だからこそ、集団性のプレッシャーもあって、ご家庭よりは、切り替えをキチンとできるものですが、そうは言っても、おしゃべりに夢中になったり、すべきことに集中できなかったりすることもあるものです。

 

一方で、チャイムや笛など、「強制力」のきっかけなどなくても、子どもが自然に勉強に集中することもあります。

 

それは、子どもが楽しい課題だから、とも限らないのです。

淡々と、書いたり、問題集を解いたりという授業でも、集中することもたくさんあります。

 

では、その秘訣は何か。

課題の前に、しっかり遊んでおくことなのです。

しっかり体を動かしておくと、心が真に満たされるようです。

すると、「あ〜嫌だな」の気持ちが湧いてこないのです。

 

心の底から満足するということは、建物の基礎にコンクリートをしっかり打ち込むことと同じです。

 

自分は何をすべきか、という「建物」を作る上で、満足という「土台」がないと、グラグラしてしまいます。具体的には、気が散る、ということです。

 

先日、無性にポケモンGOをやってみたくなりました。

卒業生の大学生と話していて、どうすればいいか、教えてもらったからでしょう。

 

小雨も降りそうな、先週の土曜日の夜。

妻は予定があり、帰宅は遅くなる日。

ご飯も炊いておき、料理は野菜炒めでも作るか、と材料は買ってある。

 

誰にも迷惑はかからない状況です。

にもかかわらず、やりたいのに、妙な罪悪感が心の中にあることに気づきました。

 

吉祥寺界隈といえば、誰に見られるかもわからない。

先生が夜に出かけて、ポケモンに夢中なんて、いいのだろうか。

こんなオジサンが、スマホ片手に明らかにポケモンしてるなんて、恥ずかしい。

こんな時間から出かけると、夕食は9時近い…体に悪い…

 

結局、私は行きました。

動物園の周りも歩き、もちろん、池の周りも歩き、玉川上水沿いも歩きました。

 

いやあ、満足した〜

 

やはり、「心の底からの満足」が重要なのです。

イライラしながら、不安を持ちながら、ヒヤヒヤしながらでは、何十時間やっても満足なんてしません。死ぬまでやっても満足しないわけです。

 

ポケモンなり、ゲームなり、お子さんがハマってしまっていることをやめさせたいなら、お子さんは、どうすれば心の底から満足できるかを考えるチャンスです。

 

ゲームそのものが本当に楽しいなら、その楽しさを一緒に味わうことが、意外と効果的です。自分の好きなことをお母さんも一緒に楽しんでくれた、ということは、満足感を大いに高めますから。

 

実は、ゲームそのものには関心がないこともあります。

お母さんも一緒に楽しんでくれたら、それでいいんだ、という子も多いのです。

 

お母さん!

もしかしたら、お母さんご自身が、何か自分の好きなこと、楽しいことに没頭したり、欲しいものを後先考えずに買ったりすることに、何がしかの抵抗感がありませんか?

 

あるいは、

「子どもにそんなワガママさせて、ダメな親ね!」

と、誰かに言われることが嫌なだけではありませんか?

 

先日、私は、お肉を好きなだけ食べていい、という記事を書きました。

すると、とあるお母さんが、

「先生、あれを読んで、気が楽になりました」

と声をかけてくれました。

ご自身は、本当はお肉が好きだけど、お子さんの手前、我慢していたのだそうです。

 

お母さんが我慢していたら、お子さんも我慢しないわけにいきません。

上司が早く帰ってくれないから、部下が早く帰れないわけです。

 

どうやら、大人の方こそ、心の底から満足することは、子どものためになるようです。

ブログ(最新記事)

最新記事が下に表示されます。

新しい環境で、友達をどう作る? ()
仲のいい友達は、どう作る?新学期、新入学のシーズンです。新しい学校、新しいクラスで、さっそく友達ができるかどうか、心配だという子も多いでしょう。どんな話をすればいいか、不安になったら、どんな小さなことでも共通点を見つけましょう。分かりやすい何でもいいので...
>> 続きを読む

愛情の限界は、どこか? ()
体力の限界はあるかもしれない。けれど、愛情に限界はない。愛情とは何か、うまく表現したり、定義したりするのは難しいのですが、限界はないなぁと思います。愛情を目に見えた形で表す必要はない、あくまでも心の中のこととした時、どこまでも広げられるような気がします。...
>> 続きを読む

得手不得手があることに気が滅入ったら読んで欲しいこと。 ()
得手不得手があるから、人と繋がれる。デコがあるから、ボコの価値がでます。デコとデコでは、繋がれません。ボコとボコでも、同じです。自慢ではありませんが、私にはできないことがいっぱいあります。でも、私にできないことが得意という人もたくさんいます。もちろん、そ...
>> 続きを読む

講演のご依頼はこちらから

現在、自主開催の講演、セミナーなどはおこなっておりません。ご希望の方は、以下のエージェントからご相談ください。

 

<講演依頼のSpeekers.jp | 青木洋介講師プロフィール紹介ページ>

 

<DMM講演依頼>

 

<講師講演ナビ>

お問い合わせ

青木洋介への原稿執筆、取材についてのお問い合わせは、下のフォームから受付して

います。

24時間・365日、お問い合わせ

可能です。

 

※平日3日以内に返信がなかった

場合、お手間をかけますが、再度、

お問い合わせくださいますよう

お願いいたします。

メモ: * は入力必須項目です

お気軽に